J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「くじらの親子」のくりた陸さん死去。

GEDC0196.jpg

【「くじらの親子」のくりた陸さん死去。】

GEDC0226.jpg

 漫画家のくりた陸さんが2017年7月4日、乳がんのため亡くなりました。享年55歳。 下がそのネットニュース記事。

「「ゆめ色クッキング」など手がけた漫画家くりた陸さん死去 7月発売雑誌にはがん闘病漫画が掲載」

 くりた陸先生といえば自分は、「くじらの親子」(全10巻1999年~2002年)を思い出します。
この作品は同時期の「赤ちゃんと僕」の少女版とかいわれていました。

 「赤ちゃんと僕」は年の離れた兄弟でしたが、こちらは
母親を亡くした主人公「杏」(11歳)と年の離れた妹「桃」(2歳)とお父さんという家族構成。

 物語は杏が小学生の時、鮎川くんという男の子と付き合い(その後アメリカに転校)中学の時に関川くんという男の子に惹かれるという、三角関係メインのバリバリの恋愛少女漫画でした。

GEDC0212.jpg

 しかし自分としては主人公「杏」の恋愛物語がどうのより、むしろ番外編として掲載されている、杏のお父さんと死んだお母さんの若い頃の話がとてもいい。

 「くじらの親子 5巻」「くじらの親子 6巻」の番外編で、学生時代に両親が出会い、駆け落ち同然で結婚しその後の生活を描いた「あの日、僕は人魚を見た」。

 それと
「くじらの親子 7巻」の番外編で、苦難続きの若き両親がその苦生活の中で出会った少年との話「海に降る雪」。

 特に自分としては「海に降る雪」が、くりた陸先生の作品の中で
最高傑作と感じるくらい好きでした。

 物語はお母さんが杏を身ごもり、お父さんと苦難の生活を続けていた時に出会った少年との交流なのですが、実は彼は母親からDVを受けていた子でした。

 実は杏のお母さんも幼少期、母親からDVを受けていたという事実がありました
(その辺は「あの日、僕は人魚を見た」で描かれています)

 当然物語は重く苦しく物語が安易にハッピーエンドにはなりません。むしろ最後は辛い現実がああるのですが、そんな中訪れる一筋の小さな希望が繊細に描かれます。

 この人間の心のひだをすくい取って描く力量は素晴らしく、くりた陸先生の最高傑作だったと今回の訃報を聞いてそう思いました。

 くりた陸先生のご冥福を、心からお祈りいたします。


GEDC0217.jpg
スポンサーサイト

| 訃報 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ロッキー」「ベスト・キッド」のジョン・G・アビルドセン監督が81歳で死去。

ジョン・G・アヴィルドセン・2

【映画監督ジョン・G・アビルドセン氏が死去

 映画「ロッキー」「ベスト・キッド1~3」で監督を務めたジョン・G・アビルドセン氏が16日、米西部ロサンゼルスの病院ですい臓がんのため死去しました。享年81歳。

 
ジョン・G・アビルドセン監督といえば1976年「ロッキー」で脚本・主演のシルベスター・スタローンを大スターにしたことで有名。

 その後1984年「ベスト・キッド」(原題「カラテ・キッド」)はアメリカだけでなく日本でも大ヒットし空手ブームを作り、その後「2、3」と続編も作らました(「4」は別の監督です)



 
ウルトラバリュー ベスト・キッド DVDセット [ ラルフ・マッチオ ]

ベスト・キッド(オリジナル)/ベスト・キッド(リメイク)【Blu-ray】 [ ラルフ・マッチオ ]

ベスト・キッド【Blu-ray】 [ ラルフ・マッチオ ]


 自分としてはなんといっても「ベスト・キッド」!!

 
当時劇場で観ましたし、感動しました!VHSテープやその後のDVDも買い何回も見たほどの思い入れのある作品。

 その中で「ベスト・キッド コレクターズ・エディション」(上の画像のやつです)で
ジョン・G・アビルドセン監督や他の俳優さんの姿(2004年時)を見られます。

73・ジョン・G・アビルドセン・1  
 「ベスト・キッド コレクターズ・エディション」の特典映像でのジョン・G・アビルドセン監督のお姿。この特典映像の撮影は2004年頃だと思うので、この時68歳ではないでしょうか。

 ちなみにオーディオコメンタリーで本人が、ジョン・G・アビルドセンの゛G
「ギルバート」の略といっておりましたw


73・ノリユキ・パット・モリタ・昔今  

(左)1984年52歳       (右)2004年73歳

 飄々とした「ミヤギ」を演じたパット・モリタさんは2005年11月24日73歳でお亡くなりになりました。1984年の「ベスト・キッド」出演時は52歳になります。

 それと名前についてですが、本来のステージネームは「パット・モリタ」と名乗っていました。


 しかし「ベスト・キッド」公開時
に「日本人らしい名前を」と製作サイドから要求され、本名のノリユキをつけ「ノリユキ・パット・モリタ」としたようです。


  72・ラルフ・マッチオ・昔今
(左)1984年 22歳        (右)2004年 43歳

 ダニエル・ラルーソを演じたラルフ・マッチオは撮影時は22歳で、この特典映像時は43歳。冷静になると、22歳でいじめられっ子の高校生役がはまっていましたね。

 現在は俳優、脚本、監督、プロデュースをして短編映画で国際映画祭で賞を受賞したりして活躍中。その後結婚し、生まれた息子に「ダニエル」と名づけたようですw


73・ウィリアム・ザブカ・昔今 
(左)1984年 19歳        (右)2004年 39歳

 ダニエルの敵役ジョニー・ロレンスを演じた、ウィリアム・ザブカもインタビューに答えていますが…太った?

 ラルフ・マッチオより3つ年下とは驚きました(とてもそう見えないw)19歳の頃から貫禄あったんだな~(^ー^;




| 訃報 | 17:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |