J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日本で最も愛される赤毛の女の子、「赤毛のアン」

2017年赤毛のアン

 前回「映画「赤毛のアン」2017年5月6日(土)全国ロードショー!!」を紹介しましたが、それに合わせた関連記事がありました。

日本で最も愛される赤毛の女の子、「赤毛のアン」

 ロビン・レビンソン=キング記者が書かれた「なぜ日本で「赤毛のアン」が愛されるのか?」という記事。

 自分も前のブログ「世界名作劇場雑記」で「赤毛のアン」を取り上げていますが、この
問いについてはある意味永遠の謎としかいえませんw

 そもそもこのアンという少女は空想好きおしゃべり 好き、それでいて癇癪持ちで、容姿についていわれると見境 なく激怒するという冷静に書くと痛い子w

 そんな突飛なアンに何ゆえ、日本人は惹かれるのか?

 よくある少女アンが色々な経験をして大人の女性に成長しつつ、過ぎ去る少女時代を巧みに描いたからとかありますが…

 まぁ、自分としては戦後「赤毛のアン」が売れ親しまれた後、アニメ化や映画化などで更に広まり、それを元に更に関連書籍が発売されるというループを繰り返したからでは?

 正直ここまで日本人に長く深く愛された海外文学作品はないで、その辺の考察だけで本が一冊書けますよね(書いたところで納得できる答えはないでしょうがw)


[カナダ土産] アンのメープルクリームクッキー 4箱セット 【あす楽対応】 (カナダ お土産 カナダ 土産 カナダ みやげ カナダ おみやげ 海外土産)


スポンサーサイト

| 映画関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が実写映画 『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ

ハイジ実写映画・1

■ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が 実写映画
『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ



 児童文学「アルプスの少女ハイジ」の実写映画『ハイジ アルプスの物語』が、8月下旬に日本公開されることが決定。世界で約60もの言語に翻訳され、5000万部以上発行されている児童文学。日本でも、宮崎駿、高畑勲らが手がけたアニメーション版が幅広い世代に愛され続けている。ハイジに扮するのは、500人の候補の中から選ばれたアヌーク・シュテフェン。監督を務めたのは、ハイジを生んだ国スイスの映画監督アラン・グスポーナー。

【スイス人監督アラン・グスポーナーコメント
 ハイジの物語は子供のころに3作品を観た。70年代のテレビ版、50年代のモノクロ版、それに日本のアニメ版だ。どれもお気に入りだったよ。監督のオファーを受けてまず僕はヨハンナ・シュピリの小説を再読したところ、いろんな問題が詰め込まれたすごくパワーのある社会派ドラマに、すごく引き込まれたんだ。作品の根底には“抑圧からの解放”と“自分の居場所を見つける”というテーマがあることに気付いた。これにはワクワクさせられるし、いつの時代にも通じるとても根源的なテーマだ。



 自分は前のブログで「世界名作劇場雑記」を運営していたので、その作品に関係するネタを見つけると記事にしますが今回はこれです。

■ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が 実写映画『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ


 あの「アルプスの少女ハイジ」が、スイスドイツ合作映画として今年2017年8月下旬に公開されるそうです。

 
スイス人監督のアラン・グスポーナー氏は原作も日本のアニメ版も知っているようですが、話を聞く限り原作よりの物語な感じ。

 しかしアニメと原作はかなり違う話なんですよね。アニメは大自然賛歌といえる内容ですが、原作はキリスト教色が非常に強い。


 原作のハイジは両親が死に、人の愛情を知らない孤独な少女という設定。その後アルムのおんじのもとに預けられますが、このおんじも人を信じない偏屈な頑固ジジイ。

 そんなハイジは子守としてフランクフルトのクララの元に行くのですが、そこでクララの祖母に会いキリスト教の教えを受けます(洗礼を受けるということ)

 ハイジはキリスト教の教えにより、人の愛情を知りそして人間として成長します。そしてハイジはアルムに帰るとこのキリストの教えをおんじにも説き、他者にもその愛を分け与えるという展開。

 当然おんじはハイジからのキリストの教えに感銘し、そして今までの行いを悔いて心を改めるといいう物語なのです。

 そう、原作の「アルプ氏の少女ハイジ」はキリスト教が話の骨格にあるんで、これをそのまま映画化しても日本人に受け入れられるかどうか…。



ハイジ実写映画・2
 そんな「アルプスの少女ハイジ」では、ハイジの天真爛漫さ、そして車椅子の美少女クララの存在が気になります。

 (左)ハイジ(右)クララだろうけど、どうしてもアニメの印象が強いので実写にすると誰が演じても違和感を感じてしまうのは仕方がないかな?


ハイジ実写映画・3
(左)ペーターだと思うけど、原作のペーターはハイジとクララが仲良くなるのをよく思わず、クララの車椅子を壊したりするんでアニメとは印象が違う。

 そう「アルプスの少女ハイジ」って日本人がイメージするのはアニメ版、でもスイス人などが考える「アルプスの少女ハイジ」は原作版なんですよね。

 この辺の齟齬を今回の映画版はどう描いているのか?原作寄りかアニメ化寄りかか、はたまたかなりオリジナル要素が強いのか非常に気になりますね。








ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

アルプスの少女ハイジ (角川文庫)






| 映画関連の書籍 | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「赤毛のアン」2017年5月6日(土)全国ロードショー!!

 2017年赤毛のアン 

【映画「赤毛のアン」】
【2017年5月6日(土)全国ロードショー!】


アンダイアナ・2



【作品解説】
 ルーシー・M・モンゴメリーが1908に発表した「」赤毛のアン」が母国カナダで新たに実写映画化。プリンス・エドワード島に住む年配のマシュウとマリラ兄妹の家「グリン・ゲイブルス」に、赤毛の少女アンがやって来た。手違いからやって来たアンに最初は戸惑っていた兄妹だったが、次第にアンの楽しいおしゃべりに引き込まれていくようになる。主人公アン役にオーディションで選ばれたカナダ出身のエラ・バレンタインが演じています。


 自分の前ブログ「世界名作劇場雑記」というのを運営していたので、今回はその関連の情報です。

■映画『赤毛のアン』公式サイト■

 そう「赤毛のアン」が母国カナダで新たに実写映画化され、日本でも2017年5月6日(土)に全国ロードショーです!

 アン・シャーリーを演じているのは、オーディションによって選ばれたカナダ出身のエラ・バレンタインという娘ですw

 なんというか顔つきや雰囲気に独特なものがありますが、アン・シャーリーっぽいかな?(人それぞれだろうけどw)

 それと原作者モンゴメリーの孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮として参加しているので、原作重視なんでしょうか?

 正直自分としては、1985年版の「赤毛のアン」が印象的…。



1985年赤毛のアン

赤毛のアン 特別版 [DVD]

 「赤毛のアン」1985年カナダ/アメリカのドラマテレビ映画。ミーガン・フォローズがアン・シャーリーを演じて、とても雰囲気にあっていた気がしました。

 といってもこの映画もう32年前なんだ~当時17歳のミーガン・フォローズも今は49歳か…(^ー^;




 ちなみにこちらは、2009年公開の日本映画「アンを探して」です(「赤毛のアン」をモチーフにした映画です)

 主役の杏里を「とんねるず」の石橋貴明さんの娘 穂のかさんが演じていましたね。

 カナダ人もそうだけど、日本人もホントに「赤毛のアン」が好きだよな~(^ー^;







| 映画関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャッキー・チェン最強伝説リターンズ 成龍映画大全

ジャッキー・チェン最強伝説リターンズ
成龍映画大全】  出版年:2012年
 

2・ジャッキー・チェン最強伝説


ジャッキー・チェン
【1954年4月7日生~】
香港出身の映画俳優。復讐劇が多かったカンフーアクション映画の世界に、コメディ映画の要素を取り入れた、コミカルで明るい作風のカンフー映画を送り込み、一躍有名になる。その後ハリウッドにも進出し数多くの映画に主役として出演している。



2・ジャッキー・チェン最強伝説・1


 この「ジャッキー・チェン最強伝説リターンズ」はジャッキー・チェンの映画作品の解説などが2012年(出版年)時点で、全て掲載されている本である。
 今までのジャッキー・チェンの出演作を、まとめて知りたかった自分には非常に興味深く読めた。

 ジャッキー映画を最初に見たのは「酔拳」「蛇拳」のテレビ放送。この2本を皮切りにジャッキー映画がテレビ放送され1980年代に日本で、コミカルカンフーブームが起こったんだよ(ブルースリーも有名だったが、あっちはリアル路線だし)

 そんなジャッキー・チェン30年分の、出演映画作品を知ることができる本書はお勧めである。
 本書の構成は一作品1ページで作品解説、当時の撮影秘話などが掲載されていて興味深く内容だからだ。

 それにしてもジャッキー・チェンって100本以上もの映画出演、そして制作に関わり(カメオ出演とか入れるとそれ以上)っているのに頭が下がるな~。

 ジャッキーファンなら買って、損はない内容の本だといえますね。



2・ジャッキー・チェン最強伝説・2





永遠の少年―――ジャッキー・チェン自伝

俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK76)

語れ! ジャッキーチェン (ベストムックシリーズ・94)




| 映画関連の書籍 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |