J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!ファミコン芸人

72・アメトーク・ファミコン芸人

「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」
(テレビ朝日系)2017年6月16日放送

「ファミコン芸人」

 
 前回2017年2月16日で「「ゲームセンター芸人」を放送していましたが、今回はそのファミコン版「ファミコン芸人!!」

【出演者】 (麒麟)川島(よゐこ)有野・博多華丸バ・カリズム(サンドウィッチマン)富澤(スリムクラブ)真栄田(ナイツ)塙(エレキコミック)今立(ゲスト)足立梨花

 このメンツの方々と自分は同世代なので、懐かしく当時の「ファミコンあるある」話などを聞きました~(^ー^;

 しかしファミコン発売が1983年なのでもう34年前の出来事なんですね…冷静になるとずいぶん古い話だw

 自分の場合1985年頃ファミコンを親に買ってもらったのですけど、その時たまたま一緒に買ったのが「スーパーマリオブラザース」。

 そう、この年「スーパーマリオブラザース」が発売されたばかりで、その面白さが全国区になる前に購入できたんですよね。

 プレイすると
、土管の中には入れた時は感動したな~雲の上にステージがあるとか「スーパーマリオブラザース」でゲームに発見や探査する面白さがあることを知りました。

 その後当然ながら「スーパーマリオブラザース」はその面白さがすぐに伝わり、日本全国(世界的にも)爆発的大ブームになったのはご承知のとおり。

 だからしばらくの間
「スーパーマリオブラザース」は品薄状態が続きましたが、そんなレアソフトを先んじて持っていたことに、自分はかなり得した気分を味わっていたの思い出しましたw

 でもファミコンは、今も話題にされていていいですよね~この頃「MSX」とかマニアックハードも持っていた自分は羨ましいですね~(>_<;





スポンサーサイト

| テレビ関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス・エクスプレスの頃

クリスマスエクスプレスの頃・1

【クリスマスエクスプレスの頃】
出版年:2009年 著者:三浦武彦 早川和良




 「クリスマスエクスプレス」とは、1980年代後半から90年代中盤にかけて放送された「JR東海」のCMです。

 当時は頻繁に放送されていましたし、見た人の殆どがそのストーリー性のあるCMが印象に残ったでしょう。

 これらのCMは、
ディレクター早川和良氏とプランナー三浦武彦氏との2人により作られシリーズ化されました。

 この2人によるCMは他に「ハックルベリー・エクスプレス」「プレイバック・エクスプレス」等の「エクスプレスシリーズ」や、ライオンの企業広告シリーズなどがあります。

 いうまでもなくその最大の特徴は「ストーリーコマーシャル」といわれる物語性をCMに持ち込んだことでしょう。

 
両氏もCMに「日常のドラマ」を持ち込み、視聴者に等身大の感動や共感を与える意図があったことを説明しています。

 この本ではCM制作誕生秘話や三浦氏と早川氏の対談、作品の解説、カメラマンやコピーライターら制作スタッフ、クライアントなど多くの関係者の証言も収録しています。

 絵コンテなどの当時の資料も掲載し、なにより代表CM13作品を収録したDVDが付いているのはありがたいところ。

 それらのCMを見ながら、懐かしさを味わえる一冊でした(^ー^






| テレビ関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

俺たちの昭和マガジンPLAY BACK


【俺たちの昭和マガジンPLAY BACK】
出版年:2014年

 俺たちの昭和マガジン・0


俺たちの昭和マガジン・1

 最近昭和のレトロ商品を扱った本が、書店でも目に付きますが、この本は主にテレビ番組について扱った本です。

 内容は昭和に活躍した俳優、脚本家、芸人、プロ野球監督、歌手にスポットを当てていて、それらに関わった人たちのインタビューを中心に構成されています。主に下記がそうです。

・「ウルトラマン」 アラシ隊員の毒蝮三太夫氏(サイン会で主人公ハヤタ隊員よりファンが大勢きたなどw)
・「仮面ライダー」 佐々木剛氏&宮内洋氏
・「アオレンジャー」 宮内洋、「仮面ライダー2号」佐々木剛、
・「ウルトラ警備隊」 アンヌ隊員役 ひし美ゆり子
・「10.19決戦近鉄vsロッテ」当時ロッテ監督だった有藤通世氏(当時の裏事情が興味深く読めました)
・「男女7人冬物語・夏物語」の脚本家鎌田敏夫氏

 この方々のインタビューが盛りだくさんで、当時のテレビ番組を見ていた世代からは興味深く面白かったです。

 あと一応ゲーム、漫画、菓子文具、裏本裏ビデオ、ストリップの記事もあるんだけど、ややとってつけた感がありこの辺はなくてもよかった気はしましたが…(^^;

 昭和のテレビ番組に関わった人たちの貴重な話を聞けるなど、昔を知る世代の人には楽しめる内容の本といえましたね。


俺たちの昭和マガジン・2
松村邦弘さんと山田邦子さんの対談も面白かったですねw


俺たちの昭和マガジン・3
昭和のエロ話、エロ本、AV、ポルノ映画などなどw







| テレビ関連の書籍 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!「ゲームセンター芸人」

アメトークゲームセンター

「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」
(テレビ朝日系)2017年2月16日

「ゲームセンター芸人」

 

 2017年2月16日(木)の「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「ゲームセンター芸人」が取り上げられていましたね。

 出演は「麒麟」川島明、「よゐこ」有野晋哉、
「品川庄司」品川祐、「スリムクラブ」真栄田賢さん、「ロバート」山本博、土田晃之、バカリズムそしてゲストに出川哲朗さんと鈴木奈々という面々でした。

 このメンツと自分は同世代なので、懐かしく、当時のゲームセンター話を聴いていましたねw

 特に1980年代のゲームは懐かしい、初期の名作「パックマン」、マリオのデビュー作「ドンキーコング」や、ひたすらビルを登る「クレイジークレイマー」などなど。

 自分としては品川さんが話していた「ニューラリーX」の音楽が印象的(ゲームとしても地味に面白く長く遊べたな~)

 その後1990年代の格闘ゲーム隆盛期になると、1人でプレイ中にいきなりくる乱入の理不尽とかも。

 それ以上に当時のゲーセンは、不良の溜まり場なとこありましたんで危なかったよなとか(自分もカツアゲされそうになったw)

 「アメトーク」は時たまハマるテーマがあるんですが、今回が自分としては大当たりの回でした~(^ー^;







| テレビ関連の書籍 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |