J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漫画バイブル2 構図破り編

漫画バイブル構図破り・1


【漫画バイブル2 構図破り編】
出版年:2004年


漫画バイブル構図破り・2

漫画バイブル構図破り・4

 絵を描く際の基本といえる、「構図」の取り方などを解説したイラスト技法書。かなり古い本なので今更という気もしますが、せっかく持っているんで紹介w

 内容は人物絵や作品世界を表現する時の効果的な構図の取り方など基本を押さえたもので、今見てもその辺は参考になるかなと。

 上の画像を見れば分かる通り「1人構図~6人構図」「グループ構図」での、キャラクター配置などかなり具体的に解説されています。


「構図の取り方がわからない~(>_<;」

「パターン化してしまって、同じような構図ばかりになる!」



という人には、図解で丁寧に解説してくれるのこの本は分かりやすく理解できて便利でしょう。



 漫画バイブル構図破り・5

漫画バイブル構図破り・6

  他には上の画像のように作品のジャンル別(上の画像の場合はスポーツとファンタジー)の構図の取り方なども紹介。

 バランスの良い構図の取り方(要は三角形を意識した構図とか)など基本的なことを例題を並べながら解説してくれるので分かりやすいのなんのってw

 ただ構図の取り方を理論的に説明した本ではなく、あくまで構図カタログのような本なので、構図を一から学びたい人には向かないでしょう。

 作例など出版年が2004年と古いのが難点ですが、構図の基本を知りたいのならこれでも十分だと思いますね。








スポンサーサイト

| イラスト漫画の技法書 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇・1    

【コスチューム描き方図鑑 2 インナー篇】
出版年:2002年


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇・2

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇・3

 「コスチューム描き方」シリーズの「インナー篇」で男女の下着の描き方が掲載されいるイラスト技法書。

 正直出版年がかなり古く、今更これを紹介するのはどうかと思いますが、一応持っていたんで紹介しようかなと…w

 内容は現代女性の下着(ブラジャー、パンツ、スリップなど)が大多数で、反面男性の下着は少ないです(そもそもパンツやシャツくらいですから)


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇・4

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇・5

 そのために女性の下着、ブラジャーやパンツ、スパッツ、ストッキングなどを描かれる人にとっては便利でしょう。

 ただ下着の着用状態のポーズが思ったより少なかったのと、民族衣裳のインナーの資料は必要だったのでしょうか?…ものすごく要らない気が…w

 こういう民族衣装で使用する下着資料が必要な人ってどのくらいいるのでしょう…まぁ、歴史物やファンタジー漫画などを描きたい人にはいいかもしれませんが…


コスチューム描き方図鑑2 インナー篇・6

コスチューム描き方図鑑2 インナー篇・7

 本の内容は掲載写真画像を見ればわかるように、イラストのクォリティーはさほど高くありません(むしろ低いですねw)

 なので模写して使うにはかなり無理があるんで、自分なりにアレンジして描く必要はあるでしょうね。

 かなり古い資料本ですし、下着を描く上で多少参考になる程度の内容と考えれば使えるでしょう…まぁ、自分としてはあまりオススメはしないですけどw







| イラスト漫画の技法書 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

touch(タッチ)Vol.6(100%ムックシリーズ)

タッチtouch6・1

【touch(タッチ)Vol.6(100%ムックシリーズ)】
出版年:2011年


 
タッチtouch6・2

タッチtouch6・3

 前に紹介した「デジ絵の教科書 (100%ムックシリーズ)」と同じ晋遊舎からの出版された、イラスト技法書シリーズです。

 タイトルは「touch(タッチ)」といい2009年
Vol.1~2015年Vol.15」まで出版されていて、その後「デジ絵の教科書 (100%ムックシリーズ)」などのシリーズに移行しました。

 この
「touch(タッチ)Vol.6」では2011年出版当時の人気絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説しています。


タッチtouch6・4


タッチtouch6・5


タッチtouch6・6


 色々な絵師さんのデジタルツールでの色の塗り方が分かり、かなり役に立つ一冊です(今となっては値段が安いのもありがたいですしw)

 ちなみに基本的に色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説されていません。

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になる技法書でしょう。


 画像を見れば分かりますが彩色だけでなく、レイヤーやペンのなどの細かなペイントソフトの使い方が分かります(かなりざっくりではありますが…w)

 ただ他の「touch(タッチ)シリーズ」とイラストの「かぶり」が結構多いので、その辺は確認してから購入した方がいいです。

 付属のDVDに掲載されている絵師さんのイラストデータなどが収録されており、本の値段などを考えるとかなりお得な本だと思いますね。








| デジ絵100%ムックシリーズ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

touch(タッチ)Vol.4(100%ムックシリーズ)

タッチtouch4・1

【touch(タッチ)Vol.4(100%ムックシリーズ) 】
出版年:2011年


タッチtouch4・2

 前に紹介した「デジ絵の教科書 (100%ムックシリーズ)」と同じ晋遊舎からの出版された、イラスト技法書シリーズです。

 タイトルは「touch(タッチ)」といい2009年
Vol.1~2015年Vol.15」まで出版されていて、その後「デジ絵の教科書 (100%ムックシリーズ)」などのシリーズに移行しました。

 この
「touch(タッチ)Vol.4」では2011年出版当時の人気絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説しています。


タッチtouch4・3

タッチtouch4・4

 色々な絵師さんのデジタルツールでの色の塗り方が分かり、かなり役に立つ一冊です(この手の本にしては、値段が安いのもありがたいですしねw)

 ちなみに基本的に色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説されていません。

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になる技法書でしょう。



  タッチtouch4・5

タッチtouch4・6


 画像を見れば分かりますが彩色だけでなく、レイヤーやペンのなどの細かなペイントソフトの使い方が分かります(かなりざっくりではありますが…w)

 ただ他の「touch(タッチ)シリーズ」とイラストの「かぶり」が結構多いので、その辺は確認してから購入した方がいいです。

 付属のDVDに掲載されている絵師さんのイラストデータなどが収録されており、本の値段などを考えるとかなりお得な本だと思いますね。









| デジ絵100%ムックシリーズ | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジ絵テクニック大全(100%ムックシリーズ)

  
デジ絵テクニック大全・1

【デジ絵テクニック大全(100%ムックシリーズ)】
出版年:2017年


デジ絵テクニック大全・2

 前に紹介した
「デジ絵の教科書 (100%ムックシリーズ)」と同じく、現在(2017年出版当時)の人気絵師の方々が、イラストの描き方を詳しく解説しているイラスト技法書!

 色々な絵師さんのデジタルツールでの色の塗り方が分かり、かなり役に立つ一冊です(この手の本にしては、値段が安いのもありがたいですしねw)

 ちなみに基本的に色の塗り方に焦点が絞られている本なので、構図の取り方や人物デッサンなどについては解説されていません。

 複数の絵師さんによるイラストの描き方、というか色の塗り方が分かりその辺は大変参考になる技法書でしょう。


デジ絵テクニック大全・4

デジ絵テクニック大全・3

 画像を見れば分かりますが彩色だけでなく、レイヤーやペンのなどの細かなペイントソフトの使い方が分かります(かなりざっくりではありますが…w)

 ただ他の「100%ムックシリーズ」とイラストの「かぶり」が結構多いので、その辺は確認してから購入した方がいいです。

 付属のDVDに掲載されている絵師さんのイラストデータなどが収録されており、本の値段などを考えるとかなりお得な本だと思いますね。


デジ絵テクニック大全・5






| デジ絵100%ムックシリーズ | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT