J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それからの海舟 半藤一利

  それからの海舟

【それからの海舟 】
出版年:2008年 著者:半藤一利



【著者のデータ】
【半藤 一利 はんどう かずとし(1930年5月21日~)】

1930年東京向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。



 幕末に活躍した幕臣勝海舟の江戸城無血開城から、その後の明治時代での言動などを解説した半藤一利氏の本。

 ただ著者の半藤氏が長岡出身なこともあり、分かりやすい勝びいき(というか薩長嫌い)なので読む際は注意が必要かもw

 その勝海舟ですが彼は江戸城無血開城など幕臣時代が有名すぎて、明治になってからの行動はあまり知られていない。

 この本では幕末よりむしろ明治からの勝海舟の行動などを追いながら、彼の行動理念や政治信念などを解説されています。

 明治後の勝海舟はかつての旧幕臣たちの世話や徳川家の名誉回復などに尽力し、1898年に徳川慶喜の明治天皇への拝謁という最後の宿願を果たし亡くなります、1899年76歳没 。

 そんな勝海舟は明治政府が推し進める膨張主義には反対で、征韓論はもちろん日清戦争にも反対していた事実がある。

 著者は勝の主張を通して明治以降の日本の帝国主義と昭和期の軍部の肥大化という、大元の原因をある意味提示していたと思う。

 やはり旧知仲だった司馬遼太郎のいう「明治の日本は現実的・合理的で素晴らしかった、昭和初期だけが異常だった」という考えには反対だったのだなと。

 明治時代の勝海舟の行動や、近代国家日本につながる時代の考察は面白く読む価値はある本でした。


半藤一利






スポンサーサイト

| 半藤一利関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幕末史 半藤一利

  幕末史

【幕末史】
出版年:2012年 著者:半藤一利



【著者のデータ】
【半藤 一利 はんどう かずとし(1930年5月21日~)】
1930年東京向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。


 この本は著者の半藤一利氏が講演などで話した内容を、そのまま文章化しているために語りかけの口調になっています。

 読むと分かるのは半藤氏のスタンス。氏は戦争中、父の生家の新潟県長岡市へ疎開した経験から、本人もいっている通り反薩長史観。

 その考え方から薩長の倒幕とは軍事クーデターであり、それが故に明治日本がどう危うい状態で世界に乗り出したかを解説しています。

 もちろん半藤氏もその新政府を、大久保利通の独裁政権がよく乗り切ったと評価はしていますが…

 それとこの本での幕末は、ペリー来航(1853年)から明治11年(1877年)の西南戦争までとしています。

 自分としては幕末の話も面白かったですが、明治維新から西南戦争に至るまでの過程が興味深く、ここで近代日本の元ができたのだということが分かります。

 しかし半藤氏が語る通り西南戦争以後、誰もその先の国家像を描けていなかったとのこと、後に残されたものは「軍の統帥権の独立」だけだったと…

 幕末を知るというよりその先の近代日本の基礎がどうできたのかを知ることができた一冊でしたね。




半藤一利





| 半藤一利関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読むだけですっきりわかる日本史


  
読むだけですっきりわかる日本史・1 

【読むだけですっきりわかる日本史】
出版年:2008年 著者:後藤武士


読むだけですっきりわかる日本史・2

 
分かりやすい日本史入門書で、邪馬台国から現代日本までの2000年間の歴史を上手くまとめて紹介しています。

 本の特徴として歴史的出来事とそれに関わった人物を通して、歴史の「流れ」を重視して書かれていました。

 歴史全体の流れを通して物語のように見ることができ、非常に分かりやすく、初心者にはとても勉強になるでしょう。

 ただ気になるのは、その語尾かな?話し言葉で書かれていて、そこはやはり違和感ありまくりか。

 「〜だね」 「〜かもしれないね」 「〜よね」 「〜だよ」

という言い回しが多用されていて、読んでいて鬱陶しく感じるところが多々あり(^ー^

 ただ全体的にはとても分かりやすく書かれてあり、日本史全体の流れを知りたい人には必読の本といえますね。





「読むだけですっきりわかる」シリーズ本

読むだけですっきりわかる世界史 完全版 (宝島SUGOI文庫)

読むだけですっきりわかる戦国史 (宝島SUGOI文庫)

マンガ 読むだけですっきりわかる日本史 源平合戦から関ヶ原まで (別冊宝島) (別冊宝島 1830 スタディー)




| 戦国関連の書籍 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少女小説から世界が見える 川端有子

  少女小説から世界が見える 

少女小説から世界が見える
出版年:2006年 著者:川端 有子



【著者のデータ】
【川端 有子 かわばた ありこ(1962年生~)】
 京都生まれの児童文学研究者。日本女子大学家政学部児童学科教授。イギリスの19世紀小説、イギリス文化、英語圏の児童文学を研究している。


  この本は19世紀後半から20世紀前半までの少女を主人公にした、いわゆる「少女小説」を解説、分析した本です。

 主に取り上げられているのは「若草物語」「家なき娘」「小公女」「赤毛のアン」「あしながおじさん」などの有名5作品。

 現代以上に女性の立場が弱かった時代に、この作品のヒロインたちは何をどう思い乗り越えていったのか?

 著者はそれぞれの作品を時系列に並べ、各作品のヒロインたちを比較することで当時の社会情勢、ジェンダー問題などを分析していきます。

 時系列では「若草物語」1868年、「家なき娘」1893年、「小公女」1905年、「赤毛のアン」1908年、「あしながおじさん」1912年となります。

 この時代の流れの中で、主人公の少女たちを取り巻く環境や立場が変わることで何が見えるのか非常に興味深く読めました。

 そんな中で著者は、「少女小説」の闇というか裏側にも言及しているところが興味深い。

 例えば「あしながおじさん」の主人公ジュディを援助する「あしながおじさん」の行為を「気に入った少女を見つけ自分ごのみの女に教育し妻に迎える」いわゆる「ピグマリオン・コンプレックス」だと。

 そしてアメリカの少女小説はこれが多く(「若草物語」「少女レベッカ」など)それでいてこの男のファンタジーを書くのは、女性作家が殆どという指摘。

 これは男のピグマリオン幻想と女性のシンデレラ幻想が、共依存しているからという分析も、思わず納得しちゃいます。

 そして続編の「続あしながおじさん」では、孤児院を運営する主人公サリーが優良な人間を残すべきだとする「優生思想」に目覚めたりする危ない箇所などなど…

(その辺については自分の前のブログの、記事「続あしながおじさん」と「優生学」を参考にしてください)

 多方面から「少女小説」を分析されていて、「世界名作劇場」系の作品が好きな自分には面白く読めましたね。

 ちなみにこの本で紹介された作品は「世界名作劇場」でアニメ化されていますが、その感想も書かれていました(作品の内容について著者は、納得されていないようでしたがw)





図説 英国レディの世界 (ふくろうの本)

児童文学の教科書

赤毛のアン スクラップブック

ケイト・グリーナウェイ ---ヴィクトリア朝を描いた絵本作家 (らんぷの本)



| 戦国関連の書籍 | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒトラーと第三帝国の真実

 ヒトラーと第三帝国の真実・1

【ヒトラーと第三帝国の真実】
出版年:2013年


ヒトラーと第三帝国の真実・3
 世界で一番有名な独裁者「アドルフ・ヒトラー」と、その彼が作り上げたドイツ第三帝国の興亡史を解説した本。

 第二次大戦という未曾有の大惨事を引き起こしヨーロッパ全土を戦火に巻き込んだ、独裁者ヒトラーとナチス政党の成り立ちなどを写真とともに分かりやすく解説しています。


ヒトラーと第三帝国の真実・2

 ヒトラーの出自、ナチス党員、ドイツ第三帝国が具体的にどんな施策をしていたのか写真付きで詳しく掲載されているので、ナチスドイツについての概要を理解できる初心者向けの本ですね。


ヒトラーと第三帝国の真実・5
 そもそも論として何故当時のドイツ国民は、あれだけヒトラーを支持し崇拝したのか?それにはまずヒトラーが選挙で選ばれた独裁者だったというのがあります。

 つまりヒトラーは自分たちナチスを支持した、労働者階級に対する不満を和らげなければ政権が立ち行かないというのがありました。

 なのでヒトラーは社会福祉増進政策を打ち出しレクリエーションの普及、フォルクス・ワーゲン(国民車)の開発、国民へのがん検診の実地、週48時間労働などの善政を施し国民の支持を得ていきました。

 …がしかし国民がヒトラーに熱狂すればするほど、この男の野望は際限なく広がったんだろうなと。

 そもそも国内だけでは経済を回していけないのですから、自ずと外へ領土を求めざる得ないわけで…

 国を滅ぼしたヒトラーやナチスドイツはとんでもない奴等でしたが、彼らのような指導者を選んでしまう民衆の心理については今も教訓にしておかなければとは思いますね。





ヒトラー関連商品

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

ヒトラーと第二次大戦の真実 (Gakken Mook CARTAシリーズ)

歴史人別冊 世界史人 ヒトラーとナチスの真実 (ベストムックシリーズ・27)





| 戦国関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。