J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀河漂流バイファムグラフィティ BEST HIT SERIES ROUNDVERNIAN VIFAM GRAFFITI

バイファムグラフティ・1  

【銀河漂流バイファムグラフィティ】
【BEST HIT SERIES ROUNDVERNIAN】
【VIFAM GRAFFITI】
出版年:1985年


バイファムグラフティ・2


バイファムグラフティ・3

 前回「銀河漂流バイファム ぼくたち13人」「コミックボンボン 銀河漂流バイファム 漫画版 すがい優」を紹介しましたが、今回も懐かしの「銀河漂流バイファム」本の紹介w

 
「銀河漂流バイファム」
1983/84年放送のアニメで日本サンライズ(当時)制作で、世にいう80年代リアルロボットアニメブームのさかなの作品。

 物語は西暦2058年イプザーロン系宇宙にある人類の植民惑星クレアドが、異星人の軍隊に突如攻撃され避難民になった主人公以下13人の子供たちの逃避行が描かれます。


バイファムグラフティ・4

バイファムグラフティ・5

 話はかなり「機動戦士ガンダム」っぽいシリアス展開に感じますが、実際は13人の子供たちのキャラに人気が集まりました。

 要は13人の子供たちが際立つほどキャラ立ちして、その子供たちと同世代の視聴者がハマったのです(自分もそのひとりでしたw)

 アニメや漫画はキャラ立ちすれば成功したも同然といいますが、この「銀河漂流バイファム」はそれに大成功した作品といえるでしょう。

 その勢いがどれほど凄かったかは、今回紹介する
「銀河漂流バイファム VIFAM GRAFFIT」の内容を見れば一目瞭然。

 13人のキャラを使い「ジェイナス学園中等部サマータイム♥スキャンダル」というパロディ学園小説で本一冊で作っているんですから!

 いかに
「銀河漂流バイファム」のキャラ人気が凄かったか分かると思います。当時この作品に匹敵するほどキャラ人気が出たサンライズ作品はないでしょう(ガンダムは別w)

 なので
「バイファムファン」のために作られたこの本は、それ以外の人は全く楽しめません(>_<;

 一応
芦田豊雄氏のイラストや原画などが拝めますが、ページは少なく資料的な価値はまったくなし…。

 まぁ、そもそも
「バイファムファン」以外の人がこの本買うわけないので、それでいいんだけど…

 でも自分としては当時の「アニメ熱」を感じられるこの本は、今も大好きだったりします~


139・バイファムグラフティ・6




スポンサーサイト

| バイファム関連の書籍 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム一年戦争全史 下巻

機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻・1

【機動戦士ガンダム一年戦争全史 下巻】
出版年:2007年

機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻・3

 前回「機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻」を紹介しましたが、今回はその「学研」が同年に出版した「機動戦士ガンダム一年戦争全史 下巻」の紹介。

 「学研」はいままで
「歴史群像」シリーズというのを出版しているんですが…下の画像がそれ ↓ ↓





 そう、この
「歴史群像」シリーズの、パロディとして「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を解説した本なのです。

 当然「歴史群像」シリーズ
で培ったノウハウを元に、構成やレイアウトそのままで「一年戦争」を大真面目に解説w


機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻・5

機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻・4

 この本が優れているのは、あくまで「歴史群像」シリーズのパロディを遵守している点でしょう。

 上の画像を見ても分かる通り、あたかも実在の兵器のようにMS(モビルスーツ)などを解説しています。

 そして「星一号作戦」での両軍の戦略戦術、要塞攻略方などを詳しく解説…なんというかいかにもそれっぽい作りw

 
「歴史群像」シリーズのパロディに徹しているんで、戦力分析だけでなく政治的背景などもそれなりに扱っています。


機動戦士ガンダム一年戦争全史下巻・7

 上の画像でもギレン総帥があたかも、実在の人物のような解説していて、いかにもそれっぽいw

 
「歴史群像」シリーズのような本を作り続けている学研だからこそ、出来たパロディ本といえるでしょう。

 この本は「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を使った
「歴史群像」シリーズパロディとして読めば、十分楽しめる一冊でした(^ー^








| バイファム関連の書籍 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻

機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻・1

【機動戦士ガンダム一年戦争全史 上巻】
出版年:2007年


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻・2

 この本読んだ時「さすが学研!!」とか思いましたw

 そう「学研」が2007年に出版したのが、この「機動戦士ガンダム一年戦争全史 上下巻」。

 どういうことかというと、学研は
「歴史群像」シリーズというのを出版しているんですが…下の画像がそれ ↓ ↓





 そうこの
「学研 歴史群像」シリーズの、パロディとして「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を解説した本なのですw

 当然「歴史群像」シリーズ
で培ったノウハウを元に、構成やレイアウトそのままで「一年戦争」を解説していますw


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻・5


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻・6

 この本が優れているのは、あくまで「歴史群像」シリーズのパロディを遵守している点。

 上の画像を見ても分かる通り、あたかも実在の兵器のようにMS(モビルスーツ)などを解説しています。

 それでいてこの手の本にありがちな、現実の戦争と一年戦争を無理矢理比較しようとする事はしていません。

というかそれをやると、どうにも無理が出てくるんですよ。

 なのでそこを避けるため、というか逆手に取ってあくまで
「歴史群像」シリーズのパロディに徹したのは正解でしょう。


機動戦士ガンダム一年戦争全史上巻・7
 
 上の画像でも、あたかも実在の人物のような解説してありますし、いかにもそれっぽい肖像画でもありますねw

 
「歴史群像」シリーズのような本を作り続けている学研だからこそ、出来た荒業(パロディ)といえるでしょう。

 この本は「機動戦士ガンダム」の「一年戦争」を使った
「歴史群像」シリーズパロディとして読めば、十分楽しめる一冊でした(^ー^;









| バイファム関連の書籍 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マクロスF 2059:MEMORIES

マクロスF 2059・1

マクロスF 2059:MEMORIES
出版年:2008年

マクロスF 2059・2

 2008年TBS系列で放送された、「マクロスF」の設定資料集でオフィシャルブックといえる本です。

・キャラクター、メカ、各話のあらすじと解説
と設定資料。

・音楽を担当した菅野よう子氏と総監督
河森正治の対談。

・総監督
河森正治氏、監督菊池地康仁氏、脚本家吉野弘幸氏のインタビュー。

・中村悠一氏(
早乙女アルト)、遠藤綾(シェリル・ノーム)中島愛  (ランカ・リー)の対談などなど。


マクロスF 2059・3

マクロスF 2059・4

 キャラメカ背景の設定資料、各話の解説、スタッフインタビューなど、値段を考えるとそれなりに充実した内容。

 あと「マクロスF」では昔のマクロスシリーズ(1st、7、プラス、ゼロ)のエピソードがエルフパロディのように入っています。

 この本ではそれらのパロディが、どのマクロスシリーズからのネタ引きなのか詳しく解説してあるので、その辺調べる手間が省けて助かりましたw


マクロスF 2059・5

マクロスF 2059・6

 基本的にバルキリーやデストロイドなどのメカ紹介はあっさりしており、搭乗機のVFー25の変形機構の解説すらありません。

 全体的に作品の大筋を紹介するガイドブックといった感じで、キャラやメカの設定などを詳しく知ることはできないのでその辺を理解して購入するのがいいと思いますねw










| マクロス関連の書籍 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

装甲騎兵ボトムズ ロマンアルバム・エクストラ63

  装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・0

【装甲騎兵ボトムズ ロマンアルバム・エクストラ63】
出版年:1984年

装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・1

  1983/84年に放送された、日本サンライズのアニメ「装甲騎兵ボトムズ」のジ・アニメから出版されたムック本です。

 1984年出版というかなり古い本ですが、その情報量は豊富で各話紹介、キャラメカ設定資料(白黒、カラーページあり、監督、スタッフ、声優インタビューと盛り沢山の内容。


装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・5

装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・7
 カラーページでは作中のシーンなどを交えてキャラクターを紹介していますので、そのキャラがどんな人物かビジュアルで理解できます。

 特に「装甲騎兵ボトムズ」は登場人物が少ないので、他の「ロマンアルバム」シリーズに比べ各キャラの情報量が多くて読み応えがあるのが嬉しいところw


装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・2

装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・3

装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・4
 白黒ページではムック本定番の、キャラクターの設定資料などが多数掲載されているので、自分のようなキャラ好きにはありがたいw

 このロマンアルバムシリーズはキャラクターの決定稿前のデザイン稿が掲載されていてそれを見るだけでも楽しめるのがいいですね。
 

装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・9

装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・10
 カラー白黒ページでは作品に出てくるATアーマード・トルーパー(ロボットのこと)やその他のメカなどの、設定資料を多数掲載しています。
 

装甲騎兵ボトムズロマンアルバムエクストラ・11
 上の画像にある高橋良輔監督のインタビューやスタッフの制作秘話、声優さんの演じたキャラに対する感想などそちら方面でも楽しめる本です。

 なによりこれらのインタビューや秘話は、アニメ放送されたすぐ後のリアルタイムを感想なのでそういう意味では必見な内容!

 「装甲騎兵ボトムズ」は今も続編が制作されるなど「機動戦士ガンダム」に匹敵する大ヒットした長寿アニメ。

 その「装甲騎兵ボトムズ」の初めて作られたテレビアニメの当時の雰囲気を知りたい、もしくは思い出したい人には最適な本でしょうね。











| アニメ関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。