J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1983年のロボットアニメ 双葉社

1983年のロボットアニメ・1

【1983年のロボットアニメ】
出版年:2017年


1983年のロボットアニメ・2

 
この「1983年のロボットアニメ」という本は「グレートメカニック(双葉社)」という季刊誌に掲載された「80年代ロボットアニメ考察」を収録したムック本になります。

 「グレートメカニック」とはリアルロボットアニメの「ガンダム、マクロス、ボトムズ」シリーズなど1980年代から続く作品を中心に、メカに対する設定考察を行っている季刊誌。

 今回はその中で「聖戦士ダンバイン」「装甲騎兵ボトムズ」「銀河漂流バイファム」etsの作品が取り上げられており、メカや世界感の考察やその作品ができる時代状況などを多角的に論じていました。


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

スポンサーサイト

| アニメ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蒼き流星SPTレイズナー ジ・アニメ

蒼き流星SPTレイズナー 

【蒼き流星SPTレイズナー ジ・アニメ】
出版年:1986年

ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・2
 1985/86年に放送された、日本サンライズのアニメ「蒼き流星SPTレイズナー」のジ・アニメからだされたムック本です。

 1986年出版というかなり古い本ですが、その情報量は豊富で各話紹介、キャラメカ設定資料(白黒、カラーページあり、監督、スタッフ、声優インタビューと盛り沢山の内容。


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・3
 カラーページでは作中のシーンなどを交えて紹介していますので、そのキャラクターがどんな人物かビジュアルで理解できます。上の画像の右下に、当時話題になったエイジの全裸シーンとかありますねw


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・4
 キャラクター、メカの決定稿前のラフ絵なども紹介されています。デザインの形が決まる前の、貴重な資料などが掲載されているのも興味深い。


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・5
 白黒ページではムック本では定番の、キャラクターの設定資料などが掲載されています。レイズナーの場合は物語の前半と後半で世界感が違いましたが、その辺のキャラクターのデザインの違いも絵をみれば一目瞭然。


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・6
 白黒ページでは作品に出てくるSPT(ロボットのこと)やその他のメカなどの、設定資料を多数掲載しています。


 自分はこの「蒼き流星SPTレイズナー」の重くて暗い雰囲気が、ある意味たまらなく好きでしたね。

 米ソ冷戦を宇宙に持ち出す地球人が許せないという理由で、外宇宙から地球を侵略しにやってくるグラドス人の問答無用ぶりとかw

 物語後半はグラドス人に征服された地球を解放する、レジスタンス運動が描かれ微妙でしたが…

 1980年代のロボットアニメ(日本サンライズアニメなど)の雰囲気を知りたい、もしくは思い出したい人には最適な本でしょうね。





| アニメ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦闘メカ ザブングル ロマンアルバムエクストラ57

ザブングルロマンアルバム・1 

【戦闘メカ ザブングル】
【ロマンアルバムエクストラ57】
出版年:1983年


ザブングルロマンアルバム・2
 1982/83年に放送された日本サンライズのアニメ「戦闘メカ ザブングル」の「ロマンアルバム」シリーズのムック本です。

 1983年出版というかなり古い本ですが、その情報量は豊富で各話紹介、キャラメカ設定資料(白黒、カラーページあり)富野由悠季監督、スタッフ、声優インタビューと盛り沢山の内容。


ザブングルロマンアルバム・3 
 白黒ページでキャラの設定資料が紹介されていますが、型通りのものであまり面白みはないかもw

 対してカラーページでは作中のアクションシーンなどを交えて紹介していますので、そのキャラがどんな人物かビジュアルで理解できます。


ザブングルロマンアルバム・4
 戦闘メカ(ウォーカー・マシン)の紹介やザブングル、ウォーカー・ギャリアの変形システムを分かりやすく解説(白黒での設定資料の紹介もあります)


ザブングルロマンアルバム・7
 富野由悠季監督インタビューやスタッフ、声優さんたちのコメントもあり制作当時1983年の雰囲気を知ることができます。

 自分も中学生の時読んでいましたが、巻末で富野監督は自らスタッフと険悪になるくらいの無理な要求をしていたと述べていたのに驚きましたね。

 スタッフに「カリオストロの城のマネをしろ」や「ダイオージャまでのアニメーションのしかたで表現出来るなんて思ってくれたら困る」などなど(スタッフには、やりきった感はあったようですが…)

 富野監督は馴れ合いと停滞を嫌う人だ、というのを自分はこの本で知ったので、その辺でも思い入れのある一冊。

 ただ今はそれよりも、「ザブングル」の絵などを描く時に重宝しています。
カラーページで作中のアクションシーンなどを交えて紹介しているので、これを参考にすると動きのあるイラストが描けるんでねw



ザブングル・01




| アニメ | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊 全キャラクター徹底解説編

僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・1

【僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター徹底解説編】
出版年:2007年


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・2  

 別冊宝島社から発行している「僕たちの好きな」シリーズの「攻殻機動隊Stand Alone Complex」版で、
TVシリーズ「1st」「2nd」「SOlid State Society」を扱っています。

 前に「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊」を取り上げましたが、今回はキャラクター全般にスポットを当てた内容。

  表紙にあるように取り上げるキャラクター数は170人もいて、脇っちょキャラの9課のオペレーター嬢なんかも扱っている念の入れようw


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・3
 

 その代わり主要キャラである公安9課のメンバーについては草薙素子でも4ページほど、趣旨としてはメインではなく脇キャラ全般を扱うという感じか。

 各キャラクターの人物造形やその背景、立場などを詳細に知ることが出来るので、結構楽しめました。

 
「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊」がストーリーという縦軸を解説しているのに対し、「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊 全キャラクター徹底解説編」はキャラクターという横軸的を解説しているといえます。

 なので両方買って読むと「攻殻機動隊」の縦横軸ががよく分かり、多層的にこの物語を楽しめると思いますね。

 ただこの本には関係者への対談やインタビューとかはないので、その辺はやや物足りないかな?

 あと劇場版「GHOST IN THE SHELL」や「イノセンス」については、取り扱ってはいませんのであしからずw

 ハリウッドの実写版も公開しているようなので、その副読本としても便利な一冊ではないでしょうか。


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・4





| アニメ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ

私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・1

【別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ】
出版年:2003年

私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・2  
 別冊宝島の「私たちの好きな」シリーズ(「僕たちの好きな」シリーズの女の子版)の「アルプスの少女ハイジ」を扱った一冊。

 「アルプスの少女ハイジ」の全52話解説、キャラクター紹介、高畑勲監督へのンタビューなどが掲載されています。

 ただ、設定資料とかはないので自分のように絵を描く人間からすると、そのへんは物足りず残念としかいえませんね。

 
私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・3
 グッズなども紹介されていますがさすがハイジ、有名なだけあって今もたくさんの関連商品が売られています。

 「家庭教師のトライ」のCMにもハイジは使われていますが、放送から43年にわたり現役で活躍するハイジにはただただ頭が下がる思いw


私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・4  
 インタビューは監督の高畑勲さんで、ハイジへの「愛」を語っておられましたwそれに当時の制作模様や裏話などの話を知ることができ興味深く読めました。

 ただ声優さんやスタッフへのインタビューなどがなかったのがやや残念、まぁ、別冊宝島ではそうなるんですがねw

 一応原作についての話やアニメと原作の違いなどがあり、「アルプスの少女ハイジ」の入門書としてはちょうどいい内容でした。




ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

アルプスの少女ハイジ (角川文庫)







| アニメ | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT