J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンネミラーズで制服を 森伸之

アンネミラーズで制服を・1   

【アンネミラーズで制服を】
出版年:1998年 著者:森伸之


アンネミラーズで制服を・3

 著者の森伸之氏といえば、自分の時代には「東京女子高制服図鑑」や「森伸之の原色制服図鑑」などがありました。

 タイトルからいかにもな感じがしますがw
一応制服をメインとしたエッセイイラスト集といえる内容。

 この本では
ファミレス、コンビニ、ホテル、病院など多岐にわたる女性制服の考察をイラストとともに紹介しています。

 画像を見れば分かる通り、そのイラストは明るく健康的で丸みのある80年代特有の絵柄。

 制服考察も長年観察し続けてきただけあって、それなりの話が聞けて案外に面白かったりします。

 ただ現在ではこういう制服イラスト(またはエッセイ)は溢れっ返っていますし、絵の技術もハイレベルのが増えました。

 その中で昔ながらのイラストを描き続ける著者は凄いですが…まぁ、その内容は基本皆同じではありますが(^ー^;



アンネミラーズで制服を・2




スポンサーサイト

| プロレス関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ

私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・1

【別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ】
出版年:2003年

私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・2  
 別冊宝島の「私たちの好きな」シリーズ(「僕たちの好きな」シリーズの女の子版)の「アルプスの少女ハイジ」を扱った一冊。

 「アルプスの少女ハイジ」の全52話解説、キャラクター紹介、高畑勲監督へのンタビューなどが掲載されています。

 ただ、設定資料とかはないので自分のように絵を描く人間からすると、そのへんは物足りず残念としかいえませんね。

 
私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・3
 グッズなども紹介されていますがさすがハイジ、有名なだけあって今もたくさんの関連商品が売られています。

 「家庭教師のトライ」のCMにもハイジは使われていますが、放送から43年にわたり現役で活躍するハイジにはただただ頭が下がる思いw


私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・4  
 インタビューは監督の高畑勲さんで、ハイジへの「愛」を語っておられましたwそれに当時の制作模様や裏話などの話を知ることができ興味深く読めました。

 ただ声優さんやスタッフへのインタビューなどがなかったのがやや残念、まぁ、別冊宝島ではそうなるんですがねw

 一応原作についての話やアニメと原作の違いなどがあり、「アルプスの少女ハイジ」の入門書としてはちょうどいい内容でした。




ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

アルプスの少女ハイジ (角川文庫)







| 世界名作劇場関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幕末史 半藤一利

  幕末史

【幕末史】
出版年:2012年 著者:半藤一利



【著者のデータ】
【半藤 一利 はんどう かずとし(1930年5月21日~)】
1930年東京向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。


 この本は著者の半藤一利氏が講演などで話した内容を、そのまま文章化しているために語りかけの口調になっています。

 読むと分かるのは半藤氏のスタンス。氏は戦争中、父の生家の新潟県長岡市へ疎開した経験から、本人もいっている通り反薩長史観。

 その考え方から薩長の倒幕とは軍事クーデターであり、それが故に明治日本がどう危うい状態で世界に乗り出したかを解説しています。

 もちろん半藤氏もその新政府を、大久保利通の独裁政権がよく乗り切ったと評価はしていますが…

 それとこの本での幕末は、ペリー来航(1853年)から明治11年(1877年)の西南戦争までとしています。

 自分としては幕末の話も面白かったですが、明治維新から西南戦争に至るまでの過程が興味深く、ここで近代日本の元ができたのだということが分かります。

 しかし半藤氏が語る通り西南戦争以後、誰もその先の国家像を描けていなかったとのこと、後に残されたものは「軍の統帥権の独立」だけだったと…

 幕末を知るというよりその先の近代日本の基礎がどうできたのかを知ることができた一冊でしたね。




半藤一利





| 半藤一利関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。