J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンネミラーズで制服を 森伸之

アンネミラーズで制服を・1   

【アンネミラーズで制服を】
出版年:1998年 著者:森伸之


アンネミラーズで制服を・3

 著者の森伸之氏といえば、自分の時代には「東京女子高制服図鑑」や「森伸之の原色制服図鑑」などがありました。

 タイトルからいかにもな感じがしますがw
一応制服をメインとしたエッセイイラスト集といえる内容。

 この本では
ファミレス、コンビニ、ホテル、病院など多岐にわたる女性制服の考察をイラストとともに紹介しています。

 画像を見れば分かる通り、そのイラストは明るく健康的で丸みのある80年代特有の絵柄。

 制服考察も長年観察し続けてきただけあって、それなりの話が聞けて案外に面白かったりします。

 ただ現在ではこういう制服イラスト(またはエッセイ)は溢れっ返っていますし、絵の技術もハイレベルのが増えました。

 その中で昔ながらのイラストを描き続ける著者は凄いですが…まぁ、その内容は基本皆同じではありますが(^ー^;



アンネミラーズで制服を・2




スポンサーサイト

| 書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック

  ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック・1

ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック
出版年:2005年


ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック・3

 自分は前のブログ
「世界名作劇場雑記」を運営していたんで、そのつながりから今回紹介するのは、この本。

 世界名作劇場第21作目1995年作「ロミオの青い空」の、放映10周年を記念したオフィシャルファンブックです。

↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 世界名作劇場 | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊 全キャラクター徹底解説編

僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・1

【僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター徹底解説編】
出版年:2007年


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・2  

 別冊宝島社から発行している「僕たちの好きな」シリーズの「攻殻機動隊Stand Alone Complex」版で、
TVシリーズ「1st」「2nd」「SOlid State Society」を扱っています。

 前に「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊」を取り上げましたが、今回はキャラクター全般にスポットを当てた内容。

  表紙にあるように取り上げるキャラクター数は170人もいて、脇っちょキャラの9課のオペレーター嬢なんかも扱っている念の入れようw


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・3
 

 その代わり主要キャラである公安9課のメンバーについては草薙素子でも4ページほど、趣旨としてはメインではなく脇キャラ全般を扱うという感じか。

 各キャラクターの人物造形やその背景、立場などを詳細に知ることが出来るので、結構楽しめました。

 
「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊」がストーリーという縦軸を解説しているのに対し、「別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊 全キャラクター徹底解説編」はキャラクターという横軸的を解説しているといえます。

 なので両方買って読むと「攻殻機動隊」の縦横軸ががよく分かり、多層的にこの物語を楽しめると思いますね。

 ただこの本には関係者への対談やインタビューとかはないので、その辺はやや物足りないかな?

 あと劇場版「GHOST IN THE SHELL」や「イノセンス」については、取り扱ってはいませんのであしからずw

 ハリウッドの実写版も公開しているようなので、その副読本としても便利な一冊ではないでしょうか。


僕たちの好きな攻殻機動隊キャラクター編・4





| アニメ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランクリンシモン、シアーズカタログ復刻本 シャネルファッションぺーパードール復刻本


【「フランクリンシモン」「シアーズ」
カタログ復刻本】
【「シャネルファッションペーパードール」】

 1909年~1920年頃の「フランクリンシモン シアーズ」のカタログ復刻本、「シャネルファッションペーパードール」復刻本です。

 20世紀初頭のカタログの復刻本なので、この時代のアメリカのファッションを知りたい方にはオススメの本になります。


58・Everyday Fashions of the Twenties・12
「Everyday Fashions of the Twenties シアーズカタログ復刻版」

57・Everyday Fashions・11

「Everyday Fashions,1909-1920 フランクリンシモンファッシンカタログ」
53・Franklin Simonフランクリン・シモン・10

「Frankli Sirron Fashion Catalog fof 1923 フランクリンシモンファッシンカタログ1923年」
52・Chanel Fashion Review Paper Dolls・010Chanel Fashion Review Paper Dolls シャネル ファッション レビュー ペーパードール」






| 洋書 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が実写映画 『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ

ハイジ実写映画・1

■ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が 実写映画
『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ



 児童文学「アルプスの少女ハイジ」の実写映画『ハイジ アルプスの物語』が、8月下旬に日本公開されることが決定。世界で約60もの言語に翻訳され、5000万部以上発行されている児童文学。日本でも、宮崎駿、高畑勲らが手がけたアニメーション版が幅広い世代に愛され続けている。ハイジに扮するのは、500人の候補の中から選ばれたアヌーク・シュテフェン。監督を務めたのは、ハイジを生んだ国スイスの映画監督アラン・グスポーナー。

【スイス人監督アラン・グスポーナーコメント
 ハイジの物語は子供のころに3作品を観た。70年代のテレビ版、50年代のモノクロ版、それに日本のアニメ版だ。どれもお気に入りだったよ。監督のオファーを受けてまず僕はヨハンナ・シュピリの小説を再読したところ、いろんな問題が詰め込まれたすごくパワーのある社会派ドラマに、すごく引き込まれたんだ。作品の根底には“抑圧からの解放”と“自分の居場所を見つける”というテーマがあることに気付いた。これにはワクワクさせられるし、いつの時代にも通じるとても根源的なテーマだ。



 自分は前のブログで「世界名作劇場雑記」を運営していたので、その作品に関係するネタを見つけると記事にしますが今回はこれです。

■ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が 実写映画『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ


 あの「アルプスの少女ハイジ」が、スイスドイツ合作映画として今年2017年8月下旬に公開されるそうです。

 
スイス人監督のアラン・グスポーナー氏は原作も日本のアニメ版も知っているようですが、話を聞く限り原作よりの物語な感じ。

 しかしアニメと原作はかなり違う話なんですよね。アニメは大自然賛歌といえる内容ですが、原作はキリスト教色が非常に強い。


 原作のハイジは両親が死に、人の愛情を知らない孤独な少女という設定。その後アルムのおんじのもとに預けられますが、このおんじも人を信じない偏屈な頑固ジジイ。

 そんなハイジは子守としてフランクフルトのクララの元に行くのですが、そこでクララの祖母に会いキリスト教の教えを受けます(洗礼を受けるということ)

 ハイジはキリスト教の教えにより、人の愛情を知りそして人間として成長します。そしてハイジはアルムに帰るとこのキリストの教えをおんじにも説き、他者にもその愛を分け与えるという展開。

 当然おんじはハイジからのキリストの教えに感銘し、そして今までの行いを悔いて心を改めるといいう物語なのです。

 そう、原作の「アルプ氏の少女ハイジ」はキリスト教が話の骨格にあるんで、これをそのまま映画化しても日本人に受け入れられるかどうか…。



ハイジ実写映画・2
 そんな「アルプスの少女ハイジ」では、ハイジの天真爛漫さ、そして車椅子の美少女クララの存在が気になります。

 (左)ハイジ(右)クララだろうけど、どうしてもアニメの印象が強いので実写にすると誰が演じても違和感を感じてしまうのは仕方がないかな?


ハイジ実写映画・3
(左)ペーターだと思うけど、原作のペーターはハイジとクララが仲良くなるのをよく思わず、クララの車椅子を壊したりするんでアニメとは印象が違う。

 そう「アルプスの少女ハイジ」って日本人がイメージするのはアニメ版、でもスイス人などが考える「アルプスの少女ハイジ」は原作版なんですよね。

 この辺の齟齬を今回の映画版はどう描いているのか?原作寄りかアニメ化寄りかか、はたまたかなりオリジナル要素が強いのか非常に気になりますね。








ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

アルプスの少女ハイジ (角川文庫)






| 映画 | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Everyday Fashions of the Twenties シアーズカタログ復刻版

Everyday Fashions of the Twenties・1

【Everyday Fashions of the Twenties】
(シアーズカタログ復刻版)

出版社DoverPublications(1981/12/1)
言語 英語 洋書156P


【シアーズ(Sears)】
 シアーズ(Sears)アメリカ合衆国イリノイ州に本部がある百貨店。かつてシアーズ・ローバック社によって展開され、カタログによる通信販売で知られた。衣料など日用生活品以外、工具、カー用品の自社ブランドを持つ。廉価量販を旨とし、店舗も郊外にあることが多く日本でいう大手スーパーのそれに近い。


 
Everyday Fashions of the Twenties・2

↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 洋書 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Everyday Fashions,1909-1920 フランクリンシモンファッシンカタログ

Everyday Fashions・1

【【Everyday Fashions,1909-1920】
(フランクリンシモンファッシンカタログ)

ペーパーバック: 144ページ
出版社:DoverPublions(1995/7/31)
言語 英語 商品の寸法: 30.2 x 22.6 x 1 cm


【Frankli Sirron(フランクリン・シモン)】
ニューヨーク フィフス・アベニューの名店、Frankli Sirron(フランクリン・シモン)の1909年~1920年を扱ったカタログの復刻本。Frankli Sirron(フランクリン・シモン)とは男女の服やアクセサリーなどを、提供してきたアメリカの高級百貨店です。


57・Everyday Fashions・4


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| 洋書 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ

私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・1

【別冊宝島 私たちの好きなアルプスの少女ハイジ】
出版年:2003年

私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・2  
 別冊宝島の「私たちの好きな」シリーズ(「僕たちの好きな」シリーズの女の子版)の「アルプスの少女ハイジ」を扱った一冊。

 「アルプスの少女ハイジ」の全52話解説、キャラクター紹介、高畑勲監督へのンタビューなどが掲載されています。

 ただ、設定資料とかはないので自分のように絵を描く人間からすると、そのへんは物足りず残念としかいえませんね。

 
私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・3
 グッズなども紹介されていますがさすがハイジ、有名なだけあって今もたくさんの関連商品が売られています。

 「家庭教師のトライ」のCMにもハイジは使われていますが、放送から43年にわたり現役で活躍するハイジにはただただ頭が下がる思いw


私たちの好きなアルプスの少女ハイジ・4  
 インタビューは監督の高畑勲さんで、ハイジへの「愛」を語っておられましたwそれに当時の制作模様や裏話などの話を知ることができ興味深く読めました。

 ただ声優さんやスタッフへのインタビューなどがなかったのがやや残念、まぁ、別冊宝島ではそうなるんですがねw

 一応原作についての話やアニメと原作の違いなどがあり、「アルプスの少女ハイジ」の入門書としてはちょうどいい内容でした。




ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

アルプスの少女ハイジ (角川文庫)







| アニメ | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幕末史 半藤一利

  幕末史

【幕末史】
出版年:2012年 著者:半藤一利



【著者のデータ】
【半藤 一利 はんどう かずとし】
(1930年5月21日~)
1930年東京向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。


 この本は著者の半藤一利氏が講演などで話した内容を、そのまま文章化しているために語りかけの口調になっています。

 読むと分かるのは半藤氏のスタンス。氏は戦争中、父の生家の新潟県長岡市へ疎開した経験から、本人もいっている通り反薩長史観。

 その考え方から薩長の倒幕とは軍事クーデターであり、それが故に明治日本がどう危うい状態で世界に乗り出したかを解説しています。

 もちろん半藤氏もその新政府を、大久保利通の独裁政権がよく乗り切ったと評価はしていますが…

 それとこの本での幕末は、ペリー来航(1853年)から明治11年(1877年)の西南戦争までとしています。

 自分としては幕末の話も面白かったですが、明治維新から西南戦争に至るまでの過程が興味深く、ここで近代日本の元ができたのだということが分かります。

 しかし半藤氏が語る通り西南戦争以後、誰もその先の国家像を描けていなかったとのこと、後に残されたものは「軍の統帥権の独立」だけだったと…

 幕末を知るというよりその先の近代日本の基礎がどうできたのかを知ることができた一冊でしたね。




半藤一利





| 歴史 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 僕たちの好きな攻殻機動隊

僕たちの好きな攻殻機動隊・1

【僕たちの好きな攻殻機動隊】
出版年:2007年


僕たちの好きな攻殻機動隊・2

 別冊宝島社から発行している「僕たちの好きな」シリーズの、アニメ「攻殻機動隊Stand Alone Complex」版。

 この本ではTVシリーズ「1st」「2nd」と「SOlid State Society」について取り扱っております。

 主に各事件を追った年表や電脳化・義体化など用語解説や、登場人物の紹介などかなり充実していました。

 なにより自分のようなSFが苦手な人間でも、その難解なストーリーや用語を分かりやすく解説してくれるのが助かる(^ー^;

 それと監督の
神山健治氏の「攻殻機動隊」や次回作の「精霊の守り人(2007年)」についてのインタビューも興味深かったですね。

 ただ劇場版「GHOST IN THE SHELL」や「イノセンス」については、取り扱ってはいませんのであしからずw

 ハリウッドの実写版も公開しているようなので、その副読本としても便利な一冊ではないでしょうか。



僕たちの好きな攻殻機動隊・4






| アニメ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT