J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蒼き流星SPTレイズナー ジ・アニメ

蒼き流星SPTレイズナー 

【蒼き流星SPTレイズナー ジ・アニメ】
出版年:1986年

ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・2
 1985/86年に放送された、日本サンライズのアニメ「蒼き流星SPTレイズナー」のジ・アニメからだされたムック本です。

 1986年出版というかなり古い本ですが、その情報量は豊富で各話紹介、キャラメカ設定資料(白黒、カラーページあり、監督、スタッフ、声優インタビューと盛り沢山の内容。


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・3
 カラーページでは作中のシーンなどを交えて紹介していますので、そのキャラクターがどんな人物かビジュアルで理解できます。上の画像の右下に、当時話題になったエイジの全裸シーンとかありますねw


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・4
 キャラクター、メカの決定稿前のラフ絵なども紹介されています。デザインの形が決まる前の、貴重な資料などが掲載されているのも興味深い。


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・5
 白黒ページではムック本では定番の、キャラクターの設定資料などが掲載されています。レイズナーの場合は物語の前半と後半で世界感が違いましたが、その辺のキャラクターのデザインの違いも絵をみれば一目瞭然。


ジアニメ蒼き流星SPTレイズナー・6
 白黒ページでは作品に出てくるSPT(ロボットのこと)やその他のメカなどの、設定資料を多数掲載しています。


 自分はこの「蒼き流星SPTレイズナー」の重くて暗い雰囲気が、ある意味たまらなく好きでしたね。

 米ソ冷戦を宇宙に持ち出す地球人が許せないという理由で、外宇宙から地球を侵略しにやってくるグラドス人の問答無用ぶりとかw

 物語後半はグラドス人に征服された地球を解放する、レジスタンス運動が描かれ微妙でしたが…

 1980年代のロボットアニメ(日本サンライズアニメなど)の雰囲気を知りたい、もしくは思い出したい人には最適な本でしょうね。





スポンサーサイト

| アニメ関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!ファミコン芸人

72・アメトーク・ファミコン芸人

「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」
(テレビ朝日系)2017年6月16日放送

「ファミコン芸人」

 
 前回2017年2月16日で「「ゲームセンター芸人」を放送していましたが、今回はそのファミコン版「ファミコン芸人!!」

【出演者】 (麒麟)川島(よゐこ)有野・博多華丸バ・カリズム(サンドウィッチマン)富澤(スリムクラブ)真栄田(ナイツ)塙(エレキコミック)今立(ゲスト)足立梨花

 このメンツの方々と自分は同世代なので、懐かしく当時の「ファミコンあるある」話などを聞きました~(^ー^;

 しかしファミコン発売が1983年なのでもう34年前の出来事なんですね…冷静になるとずいぶん古い話だw

 自分の場合1985年頃ファミコンを親に買ってもらったのですけど、その時たまたま一緒に買ったのが「スーパーマリオブラザース」。

 そう、この年「スーパーマリオブラザース」が発売されたばかりで、その面白さが全国区になる前に購入できたんですよね。

 プレイすると
、土管の中には入れた時は感動したな~雲の上にステージがあるとか「スーパーマリオブラザース」でゲームに発見や探査する面白さがあることを知りました。

 その後当然ながら「スーパーマリオブラザース」はその面白さがすぐに伝わり、日本全国(世界的にも)爆発的大ブームになったのはご承知のとおり。

 だからしばらくの間
「スーパーマリオブラザース」は品薄状態が続きましたが、そんなレアソフトを先んじて持っていたことに、自分はかなり得した気分を味わっていたの思い出しましたw

 でもファミコンは、今も話題にされていていいですよね~この頃「MSX」とかマニアックハードも持っていた自分は羨ましいですね~(>_<;





| テレビ関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お絵かき掲示 Oekakibbs.comの消滅?

絵版

 当ブログや他のサイトさんに設置されている「お絵かき掲示Oekakibbs.coml」について、6月9日ごろから上のような表示が出て繋がらなくなっています。

 その辺は付き合いのある「そよ風の日記帳」さんのところで、詳しく解説されています。

 それによるとどうも本家管理人がレンタルサーバーにドメイン更新料を払えていないという可能性がありそうで…

 なのでサーバー自体もいつまで残されるか分からないので、いつか終わる覚悟しないといけないようです。

 自分のところの絵版はともかく、他所様のところもなくなるのはツライ!絵を描くとき他所様の絵板にUPすること前提で描いているんでね…

↓ ↓ ドメイン復帰まで絵版はこちらから入場ください。
■【J.B.HAGIのお絵かき掲示板】







| 雑記 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続間違いだらけの時代劇 名和弓雄

続間違いだらけの時代劇

【続間違いだらけの時代劇】
出版年:1994年 著者:
名和弓雄


【著者のデータ】
名和 弓雄(なわ ゆみお)】
(1912年1月3日~2006年9月1日)
 福岡県北九州市生まれ。先祖は美濃大垣藩の与力。時代劇の時代考証、武術指導を行った。史実に近い小道具を好む時代劇俳優に信頼されており、新五捕物帳などの時代考証では従来の時代劇に使われていた小道具とは違う史実に基づいた小道具を提供した。


 前に時代劇考証家の稲垣史生氏の「時代劇を考証する」を紹介しましたが、こちらも同じような時代劇考証本。

 しかし本のタイトルとは裏腹に、時代劇の服装や作法などの間違いについての指摘は殆どありません。

 それよりも
間違って伝えられた伝承についての分析や、合戦での武器の使われ方など、それらにかなりの分量を費やしています。

 その中でも
著者の名和弓雄氏自身が古武術家なので、合戦で刀と槍はいったいどちらが武器として威力を発揮したのか?のような武器考証に力点が置かれているのも特徴的でした。

 
時代考証を読みたい人にはやや物足りない気はしますが、武具甲冑から戦国武将の生きざまを語った戦国エッセイ本と思えば十分楽しめる本といえるでしょう。 




稲垣史生関連本

江戸考証読本 (1) 将軍様と町人編 (新人物文庫)

江戸時代大全

考証 風流大名列伝 (立東舎文庫)




| 歴史関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦闘メカ ザブングル ロマンアルバムエクストラ57

ザブングルロマンアルバム・1 

【戦闘メカ ザブングル】
【ロマンアルバムエクストラ57】
出版年:1983年


ザブングルロマンアルバム・2
 1982/83年に放送された日本サンライズのアニメ「戦闘メカ ザブングル」の「ロマンアルバム」シリーズのムック本です。

 1983年出版というかなり古い本ですが、その情報量は豊富で各話紹介、キャラメカ設定資料(白黒、カラーページあり)富野由悠季監督、スタッフ、声優インタビューと盛り沢山の内容。


ザブングルロマンアルバム・3 
 白黒ページでキャラの設定資料が紹介されていますが、型通りのものであまり面白みはないかもw

 対してカラーページでは作中のアクションシーンなどを交えて紹介していますので、そのキャラがどんな人物かビジュアルで理解できます。


ザブングルロマンアルバム・4
 戦闘メカ(ウォーカー・マシン)の紹介やザブングル、ウォーカー・ギャリアの変形システムを分かりやすく解説(白黒での設定資料の紹介もあります)


ザブングルロマンアルバム・7
 富野由悠季監督インタビューやスタッフ、声優さんたちのコメントもあり制作当時1983年の雰囲気を知ることができます。

 自分も中学生の時読んでいましたが、巻末で富野監督は自らスタッフと険悪になるくらいの無理な要求をしていたと述べていたのに驚きましたね。

 スタッフに「カリオストロの城のマネをしろ」や「ダイオージャまでのアニメーションのしかたで表現出来るなんて思ってくれたら困る」などなど(スタッフには、やりきった感はあったようですが…)

 富野監督は馴れ合いと停滞を嫌う人だ、というのを自分はこの本で知ったので、その辺でも思い入れのある一冊。

 ただ今はそれよりも、「ザブングル」の絵などを描く時に重宝しています。
カラーページで作中のアクションシーンなどを交えて紹介しているので、これを参考にすると動きのあるイラストが描けるんでねw



ザブングル・01




| アニメ関連の書籍 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。