J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」

森西武9年間の黄金伝説・1

【森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」】
出版年:2013年 著者:加古大二


森西武9年間の黄金伝説・2

 1986年~1994年までの9年間、森祇晶(もりまさあき)監督率いる西武ライオンズ(通称「常勝西武」)の戦いの歴史を追ったノンフィクション本である。

 この本では「常勝西武」を率いた森監督にスポットを当て、その
チーム作り、戦い方、戦略、采配などを読み解いていく。

 そう、この時代のプロ野球を見ていた者なら皆知っている「常勝西武」だけど…正直信じられないほど強かったとしかいえないよなw

 強力な投手陣、
クリーンナップで本塁打100本近くの長打力、バントで手堅く送る緻密さと堅守、各年代によって微妙に違うけどこれほど走攻手に完璧なチームがあったのが信じられないくらい。

 それは数字にも現れていて9年間で8度のリーグ優勝、6回の日本一という、驚異的な記録を残している。

 自分としては1990年の日本シリーズで対戦相手の巨人を4タテし、圧勝したのを鮮明に覚えている……いや、これは凄かった~

 1,2戦目での
デストラーデ選手の本塁打、3戦目での秋山選手の本塁打にバク転でのホームイン(よくやったよな、これw)

 当時選手会長だった岡崎郁選手をして「私の野球観が変わった」との言葉を残したのも分かる試合展開だった。

 読めば読むほど当時の森監督の目指した野球がハイレベルであったのが分かるし、何よりそのハイレベルな野球を指揮実行できた森監督能力の高さを思い知る。

 それだけに1994年に、追われるようにして監督を辞任した最後が寂しい(要するにチームが強すぎて、観客動員が減ったからだもの)

 その後横浜ベイスターズの監督になったのはいいけど、チームを2001年3位、2002年6位にしたせいで無能扱い。


 なんというか西武時代はチーム自体が強かったからで、誰でも勝てるみたいな感じにされていたのが悲しい…。

 この本に書かれているように巨人のV9を達成した川上哲治氏に次ぐ大監督が
森祇晶氏だと思うけど、世間の評価が低すぎだよな。

 でもこの時代の西武を語るときいつも思うのは、1989年に近鉄に僅差で負けて2位になったけど、もし優勝できていたなら…

 1986年~1994年まで9年連続リーグ優勝、日本一は(1989年に勝つとして)1986年~1992年7連覇になるんだよな(机上の空論いっても仕方がないけどw)

 まぁ、冷静に考えれば、この絶頂期の常勝西武に勝った近鉄が凄かったんだけどね。

 というか1989年の近鉄の優勝はリーグ最終戦ブライアントの3連発とこれはこれで凄かったが~いやー、パ・リーグ熱かったよな~(^ー^;






価格:6264円(税込、送料無料) (2017/8/17時点)




価格:2999円(税込、送料別) (2017/8/17時点)




価格:2160円(税込、送料別) (2017/8/17時点)


スポンサーサイト

| プロ野球 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都市伝説の真実 皆神龍太郎

都市伝説の真実・1
  
【都市伝説の真実】
出版年:2014年 著者:皆神龍太郎

   都市伝説の真実・2


【著者のデータ】
【皆神龍太郎 1958年1月6日~】
 日本の作家、疑似科学ウォッチャー。と学会運営委員。ASIOS会員。懐疑的組織JAPAN(Japan Anti-Pseudoscience Activities Network)本業は会社員(朝日新聞社勤務)東京都出身。東京工業大学物理学科大学院修了。1超常現象と疑似科学について強い関心を抱いており、1989年頃より本格的に研究をしている。


 皆神龍太郎氏はこのブログでも取り上げたASIOS(アシオス)の会員でもあり、オカルトなど疑似科学批判の本を数多く出しているジャーナリストの方です。

 その皆神龍太郎氏が今回取り上げたのが、いわゆる都市伝説。この本では世に語られている都市伝説が真実かどうかを(かなりざっくりですが)検証しています。

 第一章では有名な「フリーメイソンの陰謀」について。まぁ、日本ではいろいろ語られるフリーメイソンだけど、要は16世紀後半に
イギリス辺りで起きた友愛結社。

 フリーメイソンの基本理念は「自由、平等、友愛、寛容、人道」という5つを基に結成された友愛団体、つまりはただの慈善団体にすぎない。

 それを面白おかしく取り上げたのが、本でも取りげられている「やりすぎ都市伝説」。そしてそこに出ているミスター都市伝説こと関暁夫。

 自分も正直この手の番組は好きじゃない…
関暁夫って言いたい放題言った挙句「信じるか信じないかは、あなた次第」と責任を丸投げするってどうかと。

 そもそもこういう都市伝説を信じる人は、数%なんだろうが確実にいるので…しかもそういうの丸々信じちゃう奴って要はカルト。

 そういうカルトな人が集まってしでかしたのがオウムの地下鉄サリン事件なので、こういうカルトを量産しかねない番組は問題ありな気はするけどね。

 あっ…思わず話がそれましたが、税抜き510円という価格でこの内容というのはかなりお得!

 都市伝説の真実が知りたいという人は、買って読んでも損はない気はしますね。




「都市伝説」関連書籍

だれも知らない都市伝説の真実: 世界は陰謀で動いている!!

都市伝説の真実 (祥伝社黄金文庫)

最新 都市伝説の正体 (祥伝社黄金文庫)



| 超常現象 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャラ&背景がいきるマンガカラーテクニック 色づかいの基本と応用がすべてわかる!

キャラ&背景がいきるマンガカラ​ーテクニック・1  

【キャラ&背景がいきるマンガカラーテクニック】
【色づかいの基本と応用がすべてわかる!】
出版年:2010年


キャラ&背景がいきるマンガカラ​ーテクニック・2

 本のタイトル通り内容は色彩の解説や背景の色が与える印象の違い、人物と背景の組み合わせなどが解説されています。

 前半は人物と服の色の組み合わせ、中盤は背景色の表現例、後半は人と背景色の組み合わせといった具合。

 あまり突っ込んだ専門的な内容はなく、どちらかといえば広く浅くという感じの内容なので初心者向きかな?

 あと「カラーテクニック」というタイトルですが、色の塗り方や描き方の方法は掲載されていません。

 なにより画像を見れば分かりますが、アニメのキャラとその服装といった感じで、厚塗り、水彩塗りのカラーテクニックなどはありません。

 色彩というものに特化した内容は特筆すべきですが、逆にいえばそれ以外はさほど価値はない感じ。

 自分の描くカラーイラストの色彩を印象的に見せる方法を知りたい人は、買う価値はあるかもしれませんね。


キャラ&背景がいきるマンガカラ​ーテクニック・3





思いどおりのキャラが描けるテクニックBOOK―プロが教える魅力的なキャラ・背景・ストーリーの作り方

マンガの基礎デッサン キャラ・背景編 (マンガの技法書)

マンガ作画資料 効果背景ガイドブック キャラの心理と場面別 (廣済堂マンガ工房)

○×式で解説 誰でもかんたん!! パースがわかる本: 空間認識力アップで漫画・イラストが上手くなる!





| イラスト漫画技法書 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」・1

【プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」】
出版年:2009年


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」・2

 プロ野球の歴代監督のについての「采配力と人間力」について解説したムック本。

 ただ2009年出版とかなり古いので、参考程度に見るしかないのがアレだがw

 冒頭に「野村克也の10の老獪戦術」「WBC監督原辰徳の采配」「虚像のホビー・マジック」などを詳細に考察。

 この手の監督を解説した本ではお馴染みの野村監督もそうだが
、WBCで日本を優勝に導いた原監督の手腕など高く評価している。

 逆に「虚像のホビー・マジック」というように、2004年に千葉ロッテマリーンズの監督に就任したボビー・バレンタイン氏についての評価は低い。

 なぜならバレンタイン監督はリーグ優勝がない(2005年はプレーオフ優勝でリーグ順位は2位)や日替わりオーダーを組むその采配は場当たり的だと指摘。

 確かにバレンタイン監督はその手腕より、その明るい性格やパフォーマンスの素晴らしさに騙されている感があるよなw

 対して同
時期2003年に北海道日本ハムファイターズの監督に就任した、同じく外国人監督のトレイ・ヒルマン氏については高く評価している。

 それも当然で2007/08年と、外国人監督初の連覇達成の偉業を達成した力量はもっと賞賛されるべきだと思う。

 そしてこの監督のヒルマンイズムのようなものが、今に続く日本ハムファイターズの基礎を作ったんだよな。

 …まぁ、日本ハムは確かに強くなったけど、そレと引き換えに色々な意味でドライな球団になったけどねw


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」・3
 ちなみに史上最低監督も考察しており、成績的には東北楽天イーグルス1年目(2005年)田尾安志監督になる。

 …が、いくらなんでもこれは少々可哀想(本でもそう指摘されている)

 ということで上の写真に掲載されている、石毛宏典氏ということになるw

 2002年オリックス・ブルーウェーブの監督に就任し、1年と少しで(2年目で解任されている)トータル57勝99敗4引 勝率.364。

 本では勝率4割を切る成績から、石毛宏典氏を史上最低監督としている。う~ん、色々な諸事情があったとはいえそうなるかな、やっぱりw

| プロ野球 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 49巻 美内すずえ

92・ガラスの仮面49巻・1

【ガラスの仮面 49巻】
出版年:2012年 著者:美内すずえ

 92・ガラスの仮面49巻・2
 2012年10月5日に発売された「ガラスの仮面」49巻を買い早速読んでみました。

この巻はとにかく、紫織さんに尽きます。

(左上)紫のバラをちぎりまくる。

(右上)看護婦さんを、ハサミで刺す。

(左下)紫のバラとマヤの写真を家の中で火をつけ燃やす。

(右下)紫のバラを持ち、池の中に入水…


…キャラ変わったな、紫織さん…真澄を心から愛しているからの行動なのか?…いや、ここまでできるのはある意味、図太いといえるけどw


92・ガラスの仮面49巻・3
 そんな孫娘の姿を見かねて、鷹宮会長は土下座をして真澄に紫織と結婚してくれと頼みます。

 紫織さんを助けるためとはいえ、孫娘をこんな目にあわせた張本人に、何もそこまでしなくても…

 そんな鷹宮会長と詩織さんを見て、速水真澄はなんと結婚破棄を取り消し、再度結婚することを決めます。

 オイオイ!!それはそれで、まずいだろう??

 これで解決したのかと思いきや、そんな偽りの気持ちで結婚するのはよくないと秘書(サングラスの女性)に言われなかなか踏ん切りがつかない速水真澄…


92・ガラスの仮面49巻・4
…そこに出てきた聖さん(懐かしい!!)

聖さん 「北島マヤはぼくが、いただきます」


…とまさかの聖さんのマヤへの告白!!恋の三角関係に、聖さんが参加??

…まぁ、実はこれ、真澄の気持ちを確かめる為の嘘でした。しかしこれが真澄を刺激したんですよね…


 92・ガラスの仮面49巻・5
  それより肝心の「紅天女」の試演会場は駅の廃墟になりましたが、目が不自由になった亜弓さんはその廃墟での稽古に励みます。

 さすが亜弓さん!!相変わらずの稽古熱心
!今となって亜弓さんが主役といえます…でも傍らにハミルさんがいるのが気になりますがw


92・ガラスの仮面49巻・6
そしてなにより、月影先生登場!お久しぶり!!

 しかしせっかく登場した月影先生ですが、何だかんだでマヤの恋の指南をすることになります。

 う~ん、確かに月影先生は恋愛も芸の肥やしという考え方の人でしたが、しかしここは月影先生からマヤにはっきりと

「マヤ!!今は恋愛より、稽古しなさい!!」

 と言ってもらいたかったな~w 知らなかったとはいえ結果的に、月影先生がマヤに真澄をプッシュをすることになっちゃうんですよね~


 92・ガラスの仮面49巻・7
 その時に肝心の速水真澄はというと…

真澄 「おれはおれの、人生を生きる…!」

 と言いつつ、また真実の愛の相手である、北島マヤにいく気か!? 
それより、紫織さんの事はどーするんだよ?


 【ここまでの速水真澄の詩織さんに対するいきさつ】
紫織さんと結婚の約束→婚約破棄→紫織さん乱心→再度結婚の約束→真実の愛を選ぶ(相手はマヤ)→またまた婚約破棄??

速水真澄とあろうものが…それでいいのか??

それより言いたいのは、速水真澄と北島マヤより…

「紅天女」を描いてくれ~~美内先生!!








| ガラスの仮面 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連写ポーズライブラリー 子供編 究極アングル&決定的瞬間満載!!

連写ポーズライブラリー子供・1  

【連写ポーズライブラリー 子供編】
【究極アングル&決定的瞬間満載!!】
出版年:2011年


牧場の少女カトリ・1

 自分はヘタですが、色々な絵を描く趣味があります。上は世界名作劇場10作目1984年「牧場の少女カトリ」のカトリ・ウコンミネ(と犬のアベル)。

 
「世界名作劇場雑記」なんてブログも運営していましたから、よく世界名作劇場系のキャラクターの絵を描きます。

 ただその時、意外に困るのが子供の描き方。というか描けることは描けますが、子供というより小さい大人みたいな感じになったり…

そんな時よく参考にするのがこの「連写ポーズ ライブラリー 子供編: 究極アングル&決定的瞬間満載!! (人物ポーズフォトブック)」です。


↓ ↓ ↓ 続きを読む。

| イラスト漫画技法書 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの仮面 48巻 美内すずえ

ガラスの仮面48巻・1

【ガラスの仮面 48巻】
出版年:2012年 著者:美内すずえ
 
ガラスの仮面48巻・2
 「ガラスの仮面」48巻は2012年2月25日に発売されました。前47巻と違いこの48巻は亜弓さんの出番が多く、その点に関しては良かった気がします。

 その亜弓さんですが失明しかかっているにもかかわらず稽古に励み、逆に目が見えないことで紅天女に近づいているような感じ。

 相変わらず努力家の亜弓さんですが、今回はそれだけではなかったです。


ガラスの仮面48巻・3
 かなり昔から出てきているカメラマンのハミルさんですがここにきて亜弓さんと急接近のようですが…というか亜弓さんとハミルさんの恋の始まり?

 でもなんというか天才努力家超美人でお嬢様の亜弓さんのお相手が、ハミルという外国人なのが前々から気になっていました。

 なんというか日本人の男では物足りないので、外国人男性がお相手という分かり易すぎる「外国人幻想」が時代を感じる(^-^;


ガラスの仮面48巻・4
 それに対し日本男児である桜小路君は、怪我をおしてなお稽古に励みます!とにかくひたすら頑張り続ける桜小路くん!

 マヤとの恋が集成するとは思えないので、この先に何か悲劇がある気もしますが、とりあえず頑張ってもらいたい!!


ガラスの仮面48巻・5
 それより物語が動いたといえば真澄と詩織さん。前々から嫌な予感は何となくししていましたが…まさか真澄は詩織さんをふるとは…!!


ガラスの仮面48巻・6
 その真澄の行動に悲観した詩織さんは上の画像のようなことを…婚約して結婚式直前までいった挙句、破談になればそりゃショック受けるだろ。

 そもそも何を思ってこんな行動をした速水真澄!?仕事一筋できたのに、この期に及んでマヤとの真実の愛に目覚めたのか?詩織さんに対して

「ぼくではあなた(詩織さん)を幸せにはできない」

…今更それはないだろう、仕事と思って素直に詩織さんと結婚しろよ。

 桜小路君が恋人の舞ちゃんをふったのとは、色々な意味でレベルが違うんだぞ!速水真澄とあろうものがそれでいいのかと!!


ガラスの仮面48巻・7
 その後、詩織さんはショックで紫のバラをちぎっては捨てという行動を繰り返す日々…これはこれでキャラ変わりすぎな気もするけど…(>_<;

 それと肝心の主役の北島マヤだけど…紅天女の稽古は下の画像にあるページで描かれたくらいしかない…


ガラスの仮面48巻・8
北島マヤ!どうでもいいから「紅天女」の稽古しろ!!

…それとなにより、月影先生はどこに…???







| ガラスの仮面 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |