J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」

プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」・1

【プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」】
出版年:2009年


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」・2

 プロ野球の歴代監督のについての「采配力と人間力」について解説したムック本。

 ただ2009年出版とかなり古いので、参考程度に見るしかないのがアレだがw

 冒頭に「野村克也の10の老獪戦術」「WBC監督原辰徳の采配」「虚像のホビー・マジック」などを詳細に考察。

 この手の監督を解説した本ではお馴染みの野村監督もそうだが
、WBCで日本を優勝に導いた原監督の手腕など高く評価している。

 逆に「虚像のホビー・マジック」というように、2004年に千葉ロッテマリーンズの監督に就任したボビー・バレンタイン氏についての評価は低い。

 なぜならバレンタイン監督はリーグ優勝がない(2005年はプレーオフ優勝でリーグ順位は2位)や日替わりオーダーを組むその采配は場当たり的だと指摘。

 確かにバレンタイン監督はその手腕より、その明るい性格やパフォーマンスの素晴らしさに騙されている感があるよなw

 対して同
時期2003年に北海道日本ハムファイターズの監督に就任した、同じく外国人監督のトレイ・ヒルマン氏については高く評価している。

 それも当然で2007/08年と、外国人監督初の連覇達成の偉業を達成した力量はもっと賞賛されるべきだと思う。

 そしてこの監督のヒルマンイズムのようなものが、今に続く日本ハムファイターズの基礎を作ったんだよな。

 …まぁ、日本ハムは確かに強くなったけど、そレと引き換えに色々な意味でドライな球団になったけどねw


プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」・3
 ちなみに史上最低監督も考察しており、成績的には東北楽天イーグルス1年目(2005年)田尾安志監督になる。

 …が、いくらなんでもこれは少々可哀想(本でもそう指摘されている)

 ということで上の写真に掲載されている、石毛宏典氏ということになるw

 2002年オリックス・ブルーウェーブの監督に就任し、1年と少しで(2年目で解任されている)トータル57勝99敗4引 勝率.364。

 本では勝率4割を切る成績から、石毛宏典氏を史上最低監督としている。う~ん、色々な諸事情があったとはいえそうなるかな、やっぱりw

スポンサーサイト

| プロ野球関連書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jbhagi.blog.fc2.com/tb.php/112-7b1d47fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT