J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エマ 森薫

エマ・1

エマ 全10巻 完結セット (Beam comix)

【エマ 全10巻】
出版年:2002年~2008年 著者:森薫


 自分は「世界名作劇場雑記」というブログを運営していたので、過去を舞台にしたアニメや漫画が好きなのですw

 そんな中で最近(いや、10年前だけどw)ヒットしたのが、この
「エマ」という漫画(後にアニメ化されましたね)

 この作品は19世紀後半のイギリスを舞台にした作品で
、ずいぶん前に全巻買って読んでいたので今回その紹介です。

 物語は上流階級ジェントリのウィリアムスとメイドの
エマとの階級を超えた純愛で、オーソドックスというかベタすぎるといえる王道恋愛漫画
 


(左)ジェントリのウィリアムス (右)メイドのエマ

 最初はウィリアムズとエマの出会いが描かれ淡々と物語が進みますが、途中から2人の関係はヒートアップ!

 色々な邪魔が入るたびに激しく燃え上がる2人の愛は集成するのか?ハラハラドキドキしながら読む事ができたりします。

 まぁ、ずいぶん前の作品なのでネタバレすると、ウィリアムスとエマは結ばれ、最期は結婚式が描かれハッピーエンド。


エマ・3
 この階級恋愛をメインにして最後は堂々と集成する「愛」を描くって…真っ直ぐすぎる漫画ではありましたw

 自分としては結ばれるまでより、結ばれてからの方がはるかに面白いと思いますがね(^ー^;



エマ・4
 ちなみに作者の森薫先生はメイド好きみたいで(「エマ」を描いたのもメイド好きだから)メイド服やドレス、コルセットの解説などを巻末に掲載されています。

 その後森薫先生は「乙嫁語り」(2008年)という、19世紀後半の中央アジアを舞台にした作品を連載中。

 森薫先生のルーツといえる
「エマ」
は、過去を舞台にした作品などが好きな人にはオススメの漫画ですね。




スポンサーサイト

| 漫画(コミック) | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jbhagi.blog.fc2.com/tb.php/115-096b3d12

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。