J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀河漂流バイファムグラフィティ BEST HIT SERIES ROUNDVERNIAN VIFAM GRAFFITI

バイファムグラフティ・1  

【銀河漂流バイファムグラフィティ】
【BEST HIT SERIES ROUNDVERNIAN】
【VIFAM GRAFFITI】
出版年:1985年


バイファムグラフティ・2


バイファムグラフティ・3

 前回「銀河漂流バイファム ぼくたち13人」「コミックボンボン 銀河漂流バイファム 漫画版 すがい優」を紹介しましたが、今回も懐かしの「銀河漂流バイファム」本の紹介w

 
「銀河漂流バイファム」
1983/84年放送のアニメで日本サンライズ(当時)制作で、世にいう80年代リアルロボットアニメブームのさかなの作品。

 物語は西暦2058年イプザーロン系宇宙にある人類の植民惑星クレアドが、異星人の軍隊に突如攻撃され避難民になった主人公以下13人の子供たちの逃避行が描かれます。


バイファムグラフティ・4

バイファムグラフティ・5

 話はかなり「機動戦士ガンダム」っぽいシリアス展開に感じますが、実際は13人の子供たちのキャラに人気が集まりました。

 要は13人の子供たちが際立つほどキャラ立ちして、その子供たちと同世代の視聴者がハマったのです(自分もそのひとりでしたw)

 アニメや漫画はキャラ立ちすれば成功したも同然といいますが、この「銀河漂流バイファム」はそれに大成功した作品といえるでしょう。

 その勢いがどれほど凄かったかは、今回紹介する
「銀河漂流バイファム VIFAM GRAFFIT」の内容を見れば一目瞭然。

 13人のキャラを使い「ジェイナス学園中等部サマータイム♥スキャンダル」というパロディ学園小説で本一冊で作っているんですから!

 いかに
「銀河漂流バイファム」のキャラ人気が凄かったか分かると思います。当時この作品に匹敵するほどキャラ人気が出たサンライズ作品はないでしょう(ガンダムは別w)

 なので
「バイファムファン」のために作られたこの本は、それ以外の人は全く楽しめません(>_<;

 一応
芦田豊雄氏のイラストや原画などが拝めますが、ページは少なく資料的な価値はまったくなし…。

 まぁ、そもそも
「バイファムファン」以外の人がこの本買うわけないので、それでいいんだけど…

 でも自分としては当時の「アニメ熱」を感じられるこの本は、今も大好きだったりします~


139・バイファムグラフティ・6




スポンサーサイト

| バイファム関連の書籍 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jbhagi.blog.fc2.com/tb.php/118-fe0c21d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。