J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」

森西武9年間の黄金伝説・1

【森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」】
出版年:2013年 著者:加古大二


森西武9年間の黄金伝説・2

 1986年~1994年までの9年間、森祇晶(もりまさあき)監督率いる西武ライオンズ(通称「常勝西武」)の戦いの歴史を追ったノンフィクション本である。

 この本では「常勝西武」を率いた森監督にスポットを当て、その
チーム作り、戦い方、戦略、采配などを読み解いていく。

 そう、この時代のプロ野球を見ていた者なら皆知っている「常勝西武」だけど…正直信じられないほど強かったとしかいえないよなw

 強力な投手陣、
クリーンナップで本塁打100本近くの長打力、バントで手堅く送る緻密さと堅守、各年代によって微妙に違うけどこれほど走攻手に完璧なチームがあったのが信じられないくらい。

 それは数字にも現れていて9年間で8度のリーグ優勝、6回の日本一という、驚異的な記録を残している。

 自分としては1990年の日本シリーズで対戦相手の巨人を4タテし、圧勝したのを鮮明に覚えている……いや、これは凄かった~

 1,2戦目での
デストラーデ選手の本塁打、3戦目での秋山選手の本塁打にバク宙でのホームイン(よくやったよな、これw)

 当時選手会長だった岡崎郁選手をして「私の野球観が変わった」との言葉を残したのも分かる試合展開だった。

 読めば読むほど当時の森監督の目指した野球がハイレベルであったのが分かるし、何よりそのハイレベルな野球を指揮実行できた森監督能力の高さを思い知る。

 それだけに1994年に、追われるようにして監督を辞任した最後が寂しい(要するにチームが強すぎて、観客動員が減ったからだもの)

 その後横浜ベイスターズの監督になったのはいいけど、チームを2001年3位、2002年6位にしたせいで無能扱い。


 なんというか西武時代はチーム自体が強かったからで、誰でも勝てるみたいな感じにされていたのが悲しい…。

 この本に書かれているように巨人のV9を達成した川上哲治氏に次ぐ大監督が
森祇晶氏だと思うけど、世間の評価が低すぎだよな。

 でもこの時代の西武を語るときいつも思うのは、1989年に近鉄に僅差で負けて2位になったけど、もし優勝できていたなら…

 1986年~1994年まで9年連続リーグ優勝、日本一は(1989年に勝つとして)1986年~1992年7連覇になるんだよな(机上の空論いっても仕方がないけどw)

 まぁ、冷静に考えれば、この絶頂期の常勝西武に勝った近鉄が凄かったんだけどね。

 というか1989年の近鉄の優勝はリーグ最終戦ブライアントの3連発とこれはこれで凄かったが~いやー、パ・リーグ熱かったよな~(^ー^;






価格:6264円(税込、送料無料) (2017/8/17時点)




価格:2999円(税込、送料別) (2017/8/17時点)




価格:2160円(税込、送料別) (2017/8/17時点)


スポンサーサイト

| プロ野球関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jbhagi.blog.fc2.com/tb.php/119-7b080d6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。