J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真っ向勝負のスローカーブ

  
真っ向勝負のスローカーブ

【真っ向勝負のスローカーブ】
出版年:2003年 著者:星野 伸之




【著者のデータ】
【星野 伸之(ほしののぶゆき)】
(1966年1月31日~)
1966年旭川市生まれ。野球解説者。旭川工業高校卒。84年ドラフト5位で、阪急に入団。オリックス(球団名変更)を経て、2000年FAで阪神に移籍。02年引退。176勝140敗2S。通算2041奪三振。



 ある年代には「遅球王」として馴染みのある、元プロ野球選手の星野伸之氏が自身の野球人生を書いたご著書。

 星野氏といえば130キロ代のストレートと100キロ代のスローカーブそしてフォークを武器に、プロ野球生活19年で通算176勝、2041奪三振、そして11年連続で2桁勝利を記録するなど息の長い選手だった。

 この本では星野氏自身が投手として長年活躍できた秘訣について事細かく、しかも分かりやすく解説しています。

 ストレート、スローカーブ、フォークの3種類が持ち球になった理由やその必然、そしてそれをどう投げ分けるかなどなど。

 なにより読んでいて思ったのは、星野氏の投球術やその気の持ちように対するかなり割り切った考え方。

 要は「1点もやらない投球」ではなく「3点取られてもいい投球」を目指したというもの(3点差に抑えれば、味方が逆転してくれる可能性があるだろうという理屈)

 もっといえば登板する試合だけではなく、1シーズンまたはその後数年間に渡ってどうやって活躍するか、まで考えているということ。

 この理屈ではわかるけど実際やろうとすると簡単にできないことを、星野氏は試行錯誤してたどり着いているのが凄い。

 その辺星野氏は阪急(現オリックス)に入団した当時からそういう考え方をしていたようで、阪急には先輩ですでに大投手だった山田久志氏がいました。

 その山田氏ピッチングを見てあまりのレベルの高さにプロ野球選手としての先行きに不安を感じたそうです。

 しかしすぐに「好調時ではなく、不調時の山田氏のピッチングを目指そう」と考え練習に励んだという、驚くほどの切り替えの速さ。

 また実際の試合ではピンチになるとセオリー通りの配給をするとバッターに読まれるので、あえてど真ん中に投げ込み「こいつ何投げるかわかんない奴」と思わせたり。

 当時の西武ライオンズは堅実な野球をしていたのでそれを逆手に取り、1番バッターをわざと四球で歩かせ2番バッターに送りバントをさせ確実に1アウトを取り気持ちを落ち着かせたとか。

 ビックリするくらいの割り切り方と大胆な考え方、そしてそれを実行する度胸、しかし星野氏自身は目の前の試合にどうやって勝つかを考えていただけとか。

 でもそれが結果的に芸術的な投球術にまで到達する偉業、それは星野氏の自らの実力を冷静に判断し今できることを積み上げた結果だと、この本でよーく理解できました。

 ただ2000年にFAで阪神タイガースに移籍するも、2001年に患った頻脈が原因で2002年36歳で現役引退したのが残念。これがなければ200勝もいけたでしょうね。




遅球に乾杯!―星野伸之・究極の投球術

オリックス・バファローズ 星野伸之ピッチングアカデミー〜98キロのスローカーブで2041奪三振の投球術〜 [DVD]

スローカーブを、もう一球 (角川文庫)




スポンサーサイト

| 投手関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jbhagi.blog.fc2.com/tb.php/38-94895af7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT