J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が実写映画 『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ

ハイジ実写映画・1

■ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が 実写映画
『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ



 児童文学「アルプスの少女ハイジ」の実写映画『ハイジ アルプスの物語』が、8月下旬に日本公開されることが決定。世界で約60もの言語に翻訳され、5000万部以上発行されている児童文学。日本でも、宮崎駿、高畑勲らが手がけたアニメーション版が幅広い世代に愛され続けている。ハイジに扮するのは、500人の候補の中から選ばれたアヌーク・シュテフェン。監督を務めたのは、ハイジを生んだ国スイスの映画監督アラン・グスポーナー。

【スイス人監督アラン・グスポーナーコメント
 ハイジの物語は子供のころに3作品を観た。70年代のテレビ版、50年代のモノクロ版、それに日本のアニメ版だ。どれもお気に入りだったよ。監督のオファーを受けてまず僕はヨハンナ・シュピリの小説を再読したところ、いろんな問題が詰め込まれたすごくパワーのある社会派ドラマに、すごく引き込まれたんだ。作品の根底には“抑圧からの解放”と“自分の居場所を見つける”というテーマがあることに気付いた。これにはワクワクさせられるし、いつの時代にも通じるとても根源的なテーマだ。



 自分は前のブログで「世界名作劇場雑記」を運営していたので、その作品に関係するネタを見つけると記事にしますが今回はこれです。

■ハイジ、クララ、アルムおんじの姿が 実写映画『ハイジ アルプスの少女』8月下旬日本公開へ


 あの「アルプスの少女ハイジ」が、スイスドイツ合作映画として今年2017年8月下旬に公開されるそうです。

 
スイス人監督のアラン・グスポーナー氏は原作も日本のアニメ版も知っているようですが、話を聞く限り原作よりの物語な感じ。

 しかしアニメと原作はかなり違う話なんですよね。アニメは大自然賛歌といえる内容ですが、原作はキリスト教色が非常に強い。


 原作のハイジは両親が死に、人の愛情を知らない孤独な少女という設定。その後アルムのおんじのもとに預けられますが、このおんじも人を信じない偏屈な頑固ジジイ。

 そんなハイジは子守としてフランクフルトのクララの元に行くのですが、そこでクララの祖母に会いキリスト教の教えを受けます(洗礼を受けるということ)

 ハイジはキリスト教の教えにより、人の愛情を知りそして人間として成長します。そしてハイジはアルムに帰るとこのキリストの教えをおんじにも説き、他者にもその愛を分け与えるという展開。

 当然おんじはハイジからのキリストの教えに感銘し、そして今までの行いを悔いて心を改めるといいう物語なのです。

 そう、原作の「アルプ氏の少女ハイジ」はキリスト教が話の骨格にあるんで、これをそのまま映画化しても日本人に受け入れられるかどうか…。



ハイジ実写映画・2
 そんな「アルプスの少女ハイジ」では、ハイジの天真爛漫さ、そして車椅子の美少女クララの存在が気になります。

 (左)ハイジ(右)クララだろうけど、どうしてもアニメの印象が強いので実写にすると誰が演じても違和感を感じてしまうのは仕方がないかな?


ハイジ実写映画・3
(左)ペーターだと思うけど、原作のペーターはハイジとクララが仲良くなるのをよく思わず、クララの車椅子を壊したりするんでアニメとは印象が違う。

 そう「アルプスの少女ハイジ」って日本人がイメージするのはアニメ版、でもスイス人などが考える「アルプスの少女ハイジ」は原作版なんですよね。

 この辺の齟齬を今回の映画版はどう描いているのか?原作寄りかアニメ化寄りかか、はたまたかなりオリジナル要素が強いのか非常に気になりますね。








ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック アメリカ&ワールド編

世界名作劇場シリーズ メモリアルブック ヨーロッパ編

アルプスの少女ハイジ (角川文庫)






スポンサーサイト

| 映画関連の書籍 | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かに監督のコメントからすると原作寄りのようですね。
過酷な環境に合わせて三つ編みでないのはアニメと一緒のようですが。

| Heika | 2017/05/22 20:02 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>確かに監督のコメントからすると原作寄りのようですね。
原作に合わせないと実写でアニメの躍動感は出せないですしね。

ではでは

| J.B.HAGI | 2017/05/22 22:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jbhagi.blog.fc2.com/tb.php/79-e7291262

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT