J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日米野球80年史ー1934ー2014


【日米野球80年史ー1934ー2014】 
出版年:2014年

 日米野球80年史・0



日米野球80年史・1


 1936年に成立した日本プロ野球の草創期から行われていた日米野球、その「日米野球80年史」について解説したムック本。

 古くは戦前1935年に読売巨人軍がアメリカ遠征に行った時代から、戦後の日米野球まで幅広く取り扱っている。

 自分として思いで深いのが、1986年日米野球でメジャーのトニー・ペーニャ捕手が坐ったまま、二塁にいた落合博満選手をけん制アウトにしたことだろうか?メジャーリーガーの強肩ぶりを目の当たりにしたのをよく覚えている。

 そんな当時のメジャーリーガーや日本の元選手たちのインタビューが興味深く、昔の日米の野球観の違いを知ることができて興味深い内容だった。

 しかし日米双方の元選手のインタビュー記事を読むほど、メジャーがメジャーであった時代は1970年代、王長島時代までかもしれない。

 まだまだ日米プロ野球に実力的差があったので、メジャーの剛速球、果敢な走塁パワフルなバッティングなどなど、目を見張るものが多かったようだ。

 そういえば張本さんもインタビューを受けているが、正直に昔のメジャーリーガーの凄さを語っているw
 でも張本さんは昔のメジャーリーガーの凄さを知っているから、現在のメジャーリーグ(要は大雑把な野球)に否定的なんだろうなと(^ー^;

 そんな日米野球80年史を知りながら、逆に現在のメジャーリーグと日本プロ野球の比較ができる、そんな内容の本であった。



日米野球80年史・2













スポンサーサイト

| プロ野球関連の書籍 | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT