J.B.HAGIの雑本ets紹介ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話 金村義明

80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話・1

【80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話】
出版年:2016年 著者:金村義明



【著者のデータ】
【金村義明 かねむら よしあき 1963年8月27日~】

 兵庫県宝塚市出身の元プロ野球選手。現在は野球解説者、タレント。 2000年、在日韓国人3世であることを自著「在日魂」で公表した。旧名は金義明だった。現役引退後は帰化して日本国籍を持っている。現役生活18年、通算成績打率.258、本塁打127本、打点487点。


80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話・2

80年代のパ・リーグは色々な意味ですごかった!

客はこないし来ても数百人程度…球場は閑散としているし(流しそうめんやる客がいたりw)新人選手は入りたがらない…(指名拒否もあったな~)


 そんな寒い時代のパ・リーグに1982年~1992年まで
近鉄バッファローズの選手として所属した、金村義明氏が「80年代パ・リーグ」について赤裸々に綴った本です。

 当時のプロ野球を知るファンには懐かしさがこみ上げる内容で、その時代パ・リーグの現役選手だった金村氏の話はまさに興味深い。

 この本で金村氏は所属球団だった近鉄バッファローズのチームについてそして選手仲間や監督コーチについてその実情を紹介している。

 特に一回り年上で当時の4番打者だった栗橋茂氏については、その武勇伝というか伝説が凄すぎる!

 栗橋氏は試合が終わるとすぐさま夜の街に繰り出し酒女と遊び、翌日そのまま試合に出るという豪傑。

 その中で高知県でキャンプしていた夜、スナックで地元の漁師と大喧嘩になり栗橋氏は相手を皆コテンパンにしたけど、翌日その漁師仲間が「栗橋をだせー」と乗り込んできたというのも凄いなw

 普通ならすぐに謝りそうだが、栗橋氏は「上等だーコノヤロー」と言って再び大喧嘩になりかけたが、当時のコーチの仰木彬さんが止めたそうだ。

 なんというか…80年代当時のプロ野球パ・リーグの選手はやることがぶっ飛んでるw

 読んでいて驚くやら呆れるやら…でも金村氏ホントはもっと凄いエピソードあるんじゃないかな?行間からそれを感じるw


 それと読んでいて気になったのが、当時近鉄球団内でビックワン」といわれた鈴木啓示氏についての辛辣な評価。

 鈴木氏は当時現役晩年280勝程していたのでローテも自分で全て決めていたが、そのローテで対戦する相手は下位球団ばかり…

 金村氏曰く鈴木氏のやり方は、良いいい方だと自分の築いたものを守りぬくプロフェッショナル、悪いいいかただと自分さえ高い年俸を貰い続けられればつチームが強かろうが弱かろうが関係ないというスタンス。

 その後鈴木氏は1993年に監督として帰ってくるが大物選手時代と変わらず選手の名前を覚えず、「バッテリー交代、アイツとソイツ」などなどその手腕については疑問符を付いけている。

 なによりトレーニングコーチの立花龍司氏と考え方が合わずクビにし、それに野茂氏が反発→メジャー行きという流れになったことを冷静に書いている。

 う~ん、まさしく名選手、名監督にあらずを地でいっているけど金村氏は選手としても監督としても鈴木氏とは合わなかった感が伝わってくるな~

 それ以外では監督で恩師である仰木彬氏に対しては、最大級の賛辞を送っていたりと「80年代のパ・リーグ」の内情を懐かしさとユーモアで綴った良著でした。


80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話・3




在日魂 (講談社文庫)

プロ野球勝てる監督、負けるボス

仰木 彬 パリーグ魂

元祖いてまえ男金村義明のプロ野球警戒警報!




| プロ野球関連の書籍 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別冊宝島 プロ野球&メジャーリーグ 「大記録」のウラ側

プロ野球大記録の裏側・1

【別冊宝島 プロ野球&メジャーリーグ 「大記録」のウラ側】
出版年:2008年


プロ野球大記録の裏側・3

 「日本プロ野球NPB」と「メジャーリーグ」の 大記録のウラ側を考察した別冊宝島社のムック本です。

 ただ出版が2008年なので使われているデータが古く、「記録」を考察したムック本としては現在読む価値はないでしょう。

 ただ考察部分はともかく、インタビュー記事は結構面白くこの部分に関しては読む価値あるかもしれません。

 インタビューは2人のプロ野球OBで、上の画像にあるように一人は日本プロ野球歴代2位の350勝を挙げた米田哲也氏。

 あまり聞かれることのない勝利数2位の米田氏ですが、読むといろいろ興味深いことを話していたりします。

 通算300勝以上しているのは弱小球団の投手ばかりとか、江川さんがさほど活躍できなかったのはライバルが不在だったからとか。

 自身の経験を踏まえての、うんちくのあるインタビュー記事で意外にというか面白く読めました。


プロ野球大記録の裏側・4

 そしてもう一人は「サンデーモーニング」の、スポーツコーナーの「喝!」でお馴染みの張本勲氏!

 色々いわれているお方ですがw、通算3085本安打は今も日本プロ野球第1位(イチローの4000本以上の安打は日米通算)

 張本氏の拘りはなんといっても「記録」、インタビュー記事でも「記録は野球人の生命であり記録が人格をつくる」といいきっております。

 それが分かるのは本人が、今も悔いが残るといっている1962年~1966年までの5年間を上げていること。

 張本氏は1961年に20歳で首位打者をとったが、翌年慢心から首位打者を逃し、その後自分の打撃を取り戻すのに5年間を要したというもの。

 そうはいってるんですが、実はその5年間で首位打者はとれてないけれど、5年の内3年は3割を打っているにも関わらず…

 張本氏はこの時の慢心がなければ3割をあと2回は打てて首位打者も3回は取れていたんではと語っていますが…

 そうはいっても張本氏は、23シーズンで16回も3割を打ち、首位打者は日本記録の7回とっているのに、まだ飽き足らなかったのか?

 なんというか振り返ればもう思い残すことはなかったと思いきや、未だに後悔してるって…どんだけ記録にこだわるんだとw

 逆に言えばここまで記録にこだわったから、あんな大記録が生まれたんだな~と思わざるを得ない(^ー^;

 色々な意味で張本氏の執念というか人間性というか、凄みを感じたインタビュー記事でした。

| プロ野球関連の書籍 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太平洋戦争秘密兵器大全

  秘密兵器大全・1

【太平洋戦争秘密兵器大全】
出版年:2012年


秘密兵器大全・2


 この本はいわゆる太平洋戦争時に計画開発段階で終わり実戦に参加しなかった日本軍の「秘密兵器」紹介本といえます。

 世にいう「超兵器、新兵器、秘密兵器」の類の兵器を紹介しており、昔流行った仮想戦記的な内容でそこそこ楽しめましたw

 一応開発計画段階で実戦に参加しなかった新兵器(実戦に参加した兵器も含まれています)などの紹介は興味深くはあります。

 ただそれら超兵器の活躍想像小説がメインで、兵器の開発経緯や歴史的背景などは最小限必要なのは残念。

 そもそもそれらの秘密兵器が実戦に投入されていたら?などという仮想戦記のような話を読んでも「そんなに上手く活躍できるわけない」としか感じずどうにも入り込めなかったな…

 根本的に「秘密兵器」は実戦に間に合わなかったからこそ、「実戦で馬脚を現さずにすんだ」兵器ともいえるので、むしろその辺の考察を鋭く解説して欲しかった。

 こういう戦争中に開発計画されていた秘密兵器というのはロマンは感じるが、運用という実利こそ必要な戦争では活躍するすべはなかったんだろうなと思わざるを得ない。

 正直この内容では秘密兵器的なものが好きな人が読んでも、あまり楽しめる感じはしない本でした(>_<;



秘密兵器大全・3








| ミリタリー関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兵器・武器驚くべき話の事典

 110・兵器武器驚くべき話の事典・1

【兵器・武器驚くべき話の事典】
出版年:2014年


兵器武器驚くべき話の事典・2

 最新兵器のシステムや構造、種類、戦闘力などを、簡素で分かりやすく解説している、世にいうコンビニ本。

 艦船、戦車、戦闘機、ミサイル特殊兵器、銃器についてこと細かく説明がしているので、暇なとき読むにはうってつけw

 最新兵器の構造などを多岐にわたり取り扱っているので、一連の兵器の進歩が理解できたりします。

 自分としては戦艦大和vsイージス艦の仮想対決で、イージス艦の対艦ミサイルでは重装甲の大和を沈めるのは難しいなどその考察が面白かった。

 でも何より興味深かったのは「尖閣沖で日中が武力衝突したら?」という有事シュミレーションの考察。

 尖閣諸島有事で想定されるのは、中国民兵などが島を不法占拠しそのまま立てこもり既成事実化していくケース。

 この場合はとにもかくにも日本政府の素早い判断によって、民兵を排除することが被害を最小限度に抑えられるというもの。

 そう、判断が遅れれば遅れるほど、事態は最悪の方向に進み日中ともに引くに引けない情況になるという悪夢…

 ありえそうな有事シュミレーションなので、このような状況に陥らないように政治家には普段からしっかりしておいてもらいたい!

 内容は値段の割にはかなり楽しめるし、特に自分のように素人レベルにはこのくらいの兵器解説書で十分でしたw


兵器武器驚くべき話の事典・3






| ミリタリー関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それからの海舟 半藤一利

  それからの海舟

【それからの海舟 】
出版年:2008年 著者:半藤一利



【著者のデータ】
【半藤 一利 はんどう かずとし(1930年5月21日~)】

1930年東京向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。



 幕末に活躍した幕臣勝海舟の江戸城無血開城から、その後の明治時代での言動などを解説した半藤一利氏の本。

 ただ著者の半藤氏が長岡出身なこともあり、分かりやすい勝びいき(というか薩長嫌い)なので読む際は注意が必要かもw

 その勝海舟ですが彼は江戸城無血開城など幕臣時代が有名すぎて、明治になってからの行動はあまり知られていない。

 この本では幕末よりむしろ明治からの勝海舟の行動などを追いながら、彼の行動理念や政治信念などを解説されています。

 明治後の勝海舟はかつての旧幕臣たちの世話や徳川家の名誉回復などに尽力し、1898年に徳川慶喜の明治天皇への拝謁という最後の宿願を果たし亡くなります、1899年76歳没 。

 そんな勝海舟は明治政府が推し進める膨張主義には反対で、征韓論はもちろん日清戦争にも反対していた事実がある。

 著者は勝の主張を通して明治以降の日本の帝国主義と昭和期の軍部の肥大化という、大元の原因をある意味提示していたと思う。

 やはり旧知仲だった司馬遼太郎のいう「明治の日本は現実的・合理的で素晴らしかった、昭和初期だけが異常だった」という考えには反対だったのだなと。

 明治時代の勝海舟の行動や、近代国家日本につながる時代の考察は面白く読む価値はある本でした。


半藤一利






| 半藤一利関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロレス覆面レスラーの正体

 覆面レスラーの正体・1

【覆面レスラーの正体】
出版年:2014年


覆面レスラーの正体・3

プロレスの面白さといえばなんでしょうか?

 色々あるでしょうが、自分はなんといってもマスクマン!
これほど特異な存在はプロレスにしかいませんw

 この本では昭和から現在まで活躍したマスクマンに焦点を当て、解説したプロレス初心者向けの本。

 自分がプロレスをよく見たのは小学生の頃、1980年辺りの「
ワールドプロレスリング(テレビ朝日午後8時)」。

 この頃は新日本プロレスの試合を放送しておりアントニオ猪木、長州力、藤波辰巳、ハルクホーガンなどが活躍していた時代です。

 そんな中にあって当時大人気のマスクマンといえば、なんといってもタイガーマスク!!というかマスクマンやプロレスという枠をはるかに飛び越えるほどの大人気でした。

 そして同時期に
「少年サンデー」で連載されていた梶原一騎さんの「プロレススーパー列伝」で「タイガーマスク編」が始まったのを覚えている人もいると思います。

 そこで
梶原流のリアリズム描写で、「タイガーマスクは誰なんだ?」とか煽りまくっていましたよね…

 そう、リアルタイガーマスクと漫画で描かれるタイガーマスクがリンクしていたので、自分も「タイガーマスクは誰?」とか完全に信じ込んでいましたw

 それほどのめり込んで見ていたんですが、それはいいんですよ。
それより「欽ちゃんどこまでやるの」でタイガーマスクが簡単にマスクを脱いだ姿に自分はショックを受けました…

今までのマスク剥ぎデスマッチはなんだったんだと…

プロレスって、全部嘘なのか・・・???


 まぁ、その後に本などを読み色々な大人の事情があったのを知りましたがね…(>_<;

 この本ではその辺のゴタゴタはさほど書かれていません。ただタイガーマスク引退後に登場するも、イマイチな人気で終わってしまったコブラの話が読めてよかったかなと。

 自分ように昔プロレスを見たもしくはその後、断片的にプロレスを見ていた人間にはちょうどいいとっつきやすい本でした。



覆面レスラーの正体・2







| プロレス関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ガンダム」を創った男たち。 大和田秀樹

「「ガンダム」を創った男たち。」・1

■[まとめ買い] 「ガンダム」を創った男たち。(角川コミックス・エース)

【「ガンダム」を創った男たち。上下巻】
出版年:2014年 著者:
大和田秀樹


【著者のデータ】

大和田秀樹(1969年9月19日~)】
  デビュー作は「たのしい甲子園」ガンダムオタクを自称しているが、観たのは初代「機動戦士ガンダム」だけであり、以降のシリーズ関係作品はほとんど観ていない。「機動戦士ガンダムさん」に初代ガンダムのキャラ以外が出ないのはそのため。


「「ガンダム」を創った男たち。」・3

 今も新作が続く「機動戦士ガンダム」の最初の作品、いわゆる「ファーストガンダム」の誕生秘話を描いた伝記的漫画。

 
「機動戦士ガンダムさん」でお馴染みの大和田秀樹氏がガンダム誕生秘話やそのブームが起こりそれが日本全国に広がるまでの一連の出来事を描いています。

 内容は「機動戦士ガンダム」の
アニメ制作過程を客観視してリアルに描くのではなく、総監督富野由悠季氏を主人公にすえギャグ風に描いているのが特徴。

 富野由悠季、安彦良和、大河原邦夫、板野一郎、古谷徹、池田秀一などのスタッフが、おもしろおかしく描かれていてその辺は好き嫌いはあるかな?

 でもスタッフのガンダム制作に対する熱意やそれに絡むスポンサー、その後に来る「ガンダムブーム」の熱気をよく描いている。

 なにより自分も小学生の頃に、この「ガンダムブーム」という熱の中にいたのを思い出し懐かしく感じたよ~w

 内容はフィクションが多いので資料としてより、当時の「ガンダムブーム」にいたる空気を知ることができる作品といえたな。


「「ガンダム」を創った男たち。」・2






| 漫画(コミック) | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」

森西武9年間の黄金伝説・1

【森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説「常勝レオ軍団」】
出版年:2013年 著者:加古大二


森西武9年間の黄金伝説・2

 1986年~1994年までの9年間、森祇晶(もりまさあき)監督率いる西武ライオンズ(通称「常勝西武」)の戦いの歴史を追ったノンフィクション本である。

 この本では「常勝西武」を率いた森監督にスポットを当て、その
チーム作り、戦い方、戦略、采配などを読み解いていく。

 そう、この時代のプロ野球を見ていた者なら皆知っている「常勝西武」だけど…正直信じられないほど強かったとしかいえないよなw

 強力な投手陣、
クリーンナップで本塁打100本近くの長打力、バントで手堅く送る緻密さと堅守、各年代によって微妙に違うけどこれほど走攻手に完璧なチームがあったのが信じられないくらい。

 それは数字にも現れていて9年間で8度のリーグ優勝、6回の日本一という、驚異的な記録を残している。

 自分としては1990年の日本シリーズで対戦相手の巨人を4タテし、圧勝したのを鮮明に覚えている……いや、これは凄かった~

 1,2戦目での
デストラーデ選手の本塁打、3戦目での秋山選手の本塁打にバク宙でのホームイン(よくやったよな、これw)

 当時選手会長だった岡崎郁選手をして「私の野球観が変わった」との言葉を残したのも分かる試合展開だった。

 読めば読むほど当時の森監督の目指した野球がハイレベルであったのが分かるし、何よりそのハイレベルな野球を指揮実行できた森監督能力の高さを思い知る。

 それだけに1994年に、追われるようにして監督を辞任した最後が寂しい(要するにチームが強すぎて、観客動員が減ったからだもの)

 その後横浜ベイスターズの監督になったのはいいけど、チームを2001年3位、2002年6位にしたせいで無能扱い。


 なんというか西武時代はチーム自体が強かったからで、誰でも勝てるみたいな感じにされていたのが悲しい…。

 この本に書かれているように巨人のV9を達成した川上哲治氏に次ぐ大監督が
森祇晶氏だと思うけど、世間の評価が低すぎだよな。

 でもこの時代の西武を語るときいつも思うのは、1989年に近鉄に僅差で負けて2位になったけど、もし優勝できていたなら…

 1986年~1994年まで9年連続リーグ優勝、日本一は(1989年に勝つとして)1986年~1992年7連覇になるんだよな(机上の空論いっても仕方がないけどw)

 まぁ、冷静に考えれば、この絶頂期の常勝西武に勝った近鉄が凄かったんだけどね。

 というか1989年の近鉄の優勝はリーグ最終戦ブライアントの3連発とこれはこれで凄かったが~いやー、パ・リーグ熱かったよな~(^ー^;






価格:6264円(税込、送料無料) (2017/8/17時点)




価格:2999円(税込、送料別) (2017/8/17時点)




価格:2160円(税込、送料別) (2017/8/17時点)


| プロ野球関連の書籍 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。